ロッド 写真

バンディット キハダは2019年新発売の大型キハダマグロ専用ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

バンディット キハダは、2019年シマノから新発売となる大型キハダマグロ用ロッドです。

先調子7対3モデルと、6対4ムーチングモデルの2本が用意されていますよ。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

バンディット キハダの基本スペック!

バンディット キハダは、船釣りにおけるキハダマグロ専用ロッドです。

長さは2種類、1.71メートルと1.91メートルが用意されていますよ。

グリップエンドは、どちらもキンバル仕様になっていて、大型ファイティングボトムが装着されています。

バンディット キハダの170番モデル

170番モデルは、1.71メートルで先調子7対3仕様。

仕舞寸法139.1センチで、自重は345グラムです。

錘負荷は、80号から400号に対応できますよ。

190番モデルのスペック

バンディット キハダ190番モデルは、1.91メートルで6対4のムーチング仕様です。

仕舞寸法は159.1センチで、自重は365グラムになっています。

錘負荷は、80号から400号と170番モデルと同じに設定されていますよ。

ガイドはダブルラッピングガイドとHBガイドを採用

このロッドのガイドは、大型キハダマグロの引きに耐えられるように、固定力抜群のダブルラッピングガイドと強度に優れているHBガイドを採用しています。

ブランクには、スパイラルXコアを使っていて、一般的な同社ブランク構造と比較するとネジリ強度で1.4倍、つぶれ強度で2.5倍を達成しています。

バンディット キハダには、シマノオリジナルアルミリールシートを搭載しています。

固定力に優れていて、リールシート内部にもカーボン素材を貫通させてあり、強度の向上を図っています。

沖に出て大型のキハダキグロをこのロッドでとらえてみませんか?

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング