バス 写真

カバーから離れて移動しているバスを釣りたい!定番の釣り方に固執しないスタイルを見い出そう

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りをしていて感じるのは、カバーやストラクチャーに常に付いている!わけではないということ。

つまり、定説とされていたカバーフィッシングは、あるタイミングだけに出会えるシチュエーションだといえるのです。

詳しく解説していきましょう。

沖に浮いて岸際のカバーを撃つというスタイルに疑問を持とう

釣り場に着いてボートで水面に浮かびます。

バスが居付いていそうなカバーを探し、沖からそこへ向けてルアーをキャストします。

バス釣りを実践しているアングラーは、この行動パターンを毎回おこなっているはず。

そこに疑問を持つようにしてみましょう。

バスとカバーの関係

確かにバスはカバーに付いています。

でもそれは最初からずっと長くその状態だったのでしょうか?

バスは、その特定のカバーで生まれ、捕食を繰り返して今に至っているのでしょうか?

バスがカバーから離れるタイミング

一ヶ所のカバーに一生居続けるなどということは、有り得ないのです。

ということは、カバーから離れるタイミングがあり、入ってくるタイミングも存在するということに。

そういうバスが移動しているタイミングを狙って釣るアプローチが、あってもいいのではないでしょうか。

その池の最大サイズに出会うためには・・・

カバーを撃ってバスが釣れなければ、次のカバーを撃つ。

その繰り返しで池を一周し、釣れなければ「今日はタフコンだ!」と言って次の池を探しにそこから離れてしまう。

この繰り返しでは、いつまで経ってもバスを手にすることはできないでしょうし、その池に棲む最大サイズを釣り上げる機会も失い続けるでしょう。

バスがカバーから離れるタイミングは、やはり捕食するのが主な目的になるのではないでしょうか。

捕食対象を求めて移動を開始したバスの頭の中を想像してみると、①狙っている捕食対象を絞り込んでいる②その捕食対象の形や泳ぐスピードに反応しやすくなっていると想定できます。

使うルアーはもちろん、そのアプローチスピードや泳層・日照の角度・風向き・ラインなどのタックルセッティングに十分配慮して、移動を始めたバスを追いかけるスタイルを身につけましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング