魚 写真

エソを釣り上げたらどうするの?意外と美味しいエソ料理をチェック

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、海釣りでエソを釣ったことはありますか?

その顔を見てビックリ!まるで凶暴な爬虫類、いや怪獣といっても差し支えないほどの迫力を持った肉食魚です。

自分より小さな魚や甲殻類、その他水中に棲む生き物なら好んで捕食しているようですよ。

エソの習性

エソの口を開いてみると、ギザギザの歯が幾重にも並んでいるのが見てとれます。

素手で絶対に触らないようにしてくださいね、カンタンに擦り傷を負うことになるでしょう。

このエソ、いつもは砂地に潜んで、辺りが暗くなる夜を待っています。

基本的に夜行性ですが、昼間に釣れないなんてことはありません。

エサとなる小型の生き物がいれば、貪欲に食らい付いてきますよ。

エソのアタリ

エソは、ショアからのジギングをしていればバイトしてくることがあります。

体長は大きいもので50センチを超え、小刻みな引き・アタリが特徴的です。

数を釣っていく中で、「あ、これはエソかも?」と予測できるようになるでしょう。

エソを料理してみたら骨の多さにビックリ!

エソを持ち帰って料理してみた経験があります。

なんと全身小骨だらけで、頭を落として三枚のおろしても、どう料理していいのか途方に暮れるほどです。

刺身で食べたい!という人もいますが、この骨にハモ料理の要領で包丁を入れるには、なかなかの技量が必要でしょう。

エソの料理法

エソの最もポピュラーな食べ方は、練り物に加工することです。

例えば関西地方では、エソを原材料にしたかまぼこが有名ですよ。

小骨の跡形も残らないほど練り上げて、かまぼこにして食べるわけです。

同じ要領で、さつまあげに加工するケースも見られますね。

エソを唐揚げにしてみた

しかし釣り人が、かまぼこを作る技術を持っていることのほうが稀ですから、おすすめの料理法は唐揚げなどの揚げ物でしょう。

高温の油で揚げてしまえば、小骨を気にせずに丸ごと食べることが可能です。

釣って持ち帰ったものを捨てずに全て食べ尽くすことで、生き物への感謝の念も生まれます。

今年はエソ釣りとその料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング