虫 写真

虫が飛び交う夏の釣り場!環境の変化に気づいて攻め方を変えてみよう

FISHING JAPAN 編集部

大雨や台風の影響で、夏の釣り場環境は激変することがあります。

水位が上昇するのはもちろんですが、それによってさまざまな変化が発生しますよ。

例えばトンボのような虫が、水面に落ちてもがいている場面に出くわすことが。

これも環境の変化によるものだといえるかもしれません。

冠水した木を発見

大雨や台風で水位が上がると、画像のように木が水に浸かってしまうことも。

これでは虫の棲み処が水没しているかもしれませんから、水面でもがいているトンボが増えても不思議ではないでしょう。

水面に落ちた虫や浮き上がったエビ

その時点までの環境が変化することで、バスの捕食対象が切り換わったりしますよ。

小魚のみを追いかけていたバスが、水面に落ちた虫や、水面に浮き上がったエビを襲うようになることが考えられます。

そんなケースでは、どのようなルアーを選択し、どのようにアプローチすればいいのでしょう?

直接冠水した木を撃つのは控えよう

まず決めなければならないのは、狙うべきポイントです。

水没した木や草を直接撃ち始めるのは、ちょっともったいないですよ。

確かに新たに発生した水没カバーですが、その中にルアーを届けるのは密集具合から見て難しいでしょう。

棲み処を追い出された虫の向かう先

それよりも、木や草が水没したことによって、棲み処を追い出された虫を探してみましょう。

近くの岸に避難したのか、それとも沖に流されたのか。

見つけ出すには、風向きがヒントになります。

虫は軽いですから、水面に落ちた後、風に流される確率が高いでしょう。

となると、冠水した木のそばにある風下エリアをチェックしてみてください。

そこに浮いている虫たちがいれば・・・。

KEITECH(ケイテック) ルアー クレイジーフラッパー3.6

KEITECH(ケイテック) ルアー クレイジーフラッパー3.6" 413 ブラックブルー

最安値価格
¥611(楽天市場)

Amazonへ ¥735

楽天市場へ ¥611

虫の浮いている風下エリアには、虫に似たルアーを投げれば釣れそうですよね。

でもギルや子バスにバイトされる可能性が高くなります。

そこでオススメしたいのが、ギルの形をしたルアーや子バスカラーのルアーをキャストすることです。

こうするだけで、ギルや子バスからのバイトは減らせますし、大型バスが食い付いてくる確率を上げることが可能になります。

またエビに似たワームも、バイトを誘発させるのに効果的ですよ。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング