ワーム 写真

ホールフリックは2019年新発売のカバー攻略を容易にしたフリックシェイクの進化型ワーム!

FISHING JAPAN 編集部

ホールフリックは、2019年ジャッカルから新発売のストレートワームです。

あの定番ワーム・フリックシェイクを進化させたもので、カバーの中へアプローチしやすく作られていますよ。

その特徴をご紹介しましょう。

ホールフリックの基本スペック!どんなワームなの?

ホールフリックは、バス釣り用に開発されたストレートワームです。

ジャッカルの有名なワーム・フリックシェイクの中央付近に、穴が開いているようなデザインになっていますね。

サイズは2種類、5.6インチと6.5インチから選べますよ。

ホールフリックの中央に穴

このワームの中央に穴が開いているのは、ここからオフセットフックを刺し込んで設置するためです。

通常のストレートワームなら、ワームの頭部先端付近からハリ先を刺すもの。

それがこのホールフリックでは違うのです。

穴を活用したオフセットフックの設置方法

まずはホールフリックの穴からハリ先を刺し、貫通させてください。

そしてオフセットフックを先端に向けて沿わせてセットします。

要するに、ラインアイが穴部分に来るようにセットすることで、ボディ中心部を吊り下げることのできるワッキーリグのような状態を作り出せるのです。

対カバーに抜群の効果を発揮

このフックセッティングなら、カバーに引っ掛かることなくその奥へワームを滑り込ませることができるでしょう。

カバーの中でワッキーリグのようなアクションを発生させられるのですから、潜んでいたバスは思わず口を使ってしまうに違いありません。

ホールフリックの先端にネイルシンカーを刺し込んで、ネコリグ+オフセットワッキーというセッティングにすることも可能です。

バスが興味を持つアクションを、カバーの中で大胆に繰り出すことのできるこのワーム。

大きな可能性を秘めているといえそうですね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング