テイルウォークのフルレンジシリーズはリールもスゴイ!2019年最新モデル・フルレンジPGはパワーゲーム仕様!

FISHING JAPAN 編集部

テイルウォークの人気シリーズ「フルレンジ」

フルレンジシリーズの新モデルベイトリール・フルレンジPGが2019年の春に発売され、バス釣りアングラーの皆さんは気になっているのではないでしょうか?

今回はフルレンジシリーズとシリーズ最新モデルのフルレンジPGにスポットを当てて紹介していきましょう!

フルレンジシリーズのリール

JBトップ50参戦中の井上泰徳プロも愛用しています!

フルレンジシリーズと言えばバスロッドシリーズを思い浮かべる方が多いかと思いますが、実はベイトキャスティングリールとしてもシリーズ化しているんです。

フルレンジを受け継いだからには、フルレンジの名に負けない、どのレンジにも対応できるバーサタイル性能が期待されることは間違いありません。

そんな期待を背負ったフルレンジシリーズのベイトキャスティングリールは、「いかなる条件でも普通に使える」ことをコンセプトに開発されました。

サイドパーミングカップやセンターフレームサムレストのスリム化、本体のローダウンによるパーミング性能はフルレンジならではと言えます!

ブレーキシステムには、細かい調整が可能になった遠心ブレーキシステムを搭載し、ギア比は選べる3タイプのモデルで展開しています。

手返しの速さを追求したスーパーハイギアは「8.1:1」、幅広い釣法に対応したミドルギアは「6.6:1」、マキモノに最適なローギア「5.4:1」の3ラインナップの中から、フィールドや釣法にあったギアを選べるのも嬉しいポイント。

さらに、防錆ボールベアリングを採用しているので、バスだけではなくソルトウォーターにも対応しているのも汎用性があっていいですね!

フルレンジBFはベイトフィネス仕様

フルレンジBFはフルレンジシリーズの中でもベイトフィネスに最適なモデルです。

165gと軽量なボディと、軽量なルアーをキャストするのに最適なライトウェイトブレーキシステムが採用され、ローダウンサムバークラッチでコンパクトでシャープなキャスティングが可能になりました!

34㎜径ジュラルミンスプール搭載し、抵抗の少ないシャフトレス、遠投・接近戦に最適。

スリムなサムレスト&アルミセンターフレームは、強化カーボンマテリアルサイドカバーで剛性と軽量を両立し、ローダウンとスリムなサイドパーミングカップのコンパクトデザインも魅力です!

【最新モデル】フルレンジPGはパワーモデル!

最後にお待ちかねの最新モデルをご紹介していきましょう!

フルレンジリールシリーズでは、今までなかったパワーゲーム仕様のタフなモデルが2019年の春に新発売されました。

タフな仕様ですがそれだけではなく、繊細な操作のできるブレーキシステムもフルレンジPGの魅力です。

6点式遠心NEWブレーキシステムと採用し、3サイズのブレーキシューを同ユニットに搭載することで、細かいブレーキ調整が可能になりました。

ナイロン16lb100mのラインキャパシティーは、同じぐらいのサイズのリールの中では多めですね。

95㎜カーボンクランクハンドル&ニューデザインEVAノブもかっこいいです!

強度重視のステンレスドライブギアは、ギア比7.3:1 のミドルギアの仕様です。

今回は、フルレンジシリーズのベイトリールをご紹介しました!

テイルウォークはロッドのイメージがあるかもしれませんが、最近はリールの開発にも非常に力を入れている大注目のメーカーです。

そんなテイルウォークの最新モデルで、高品質でかっこいいフルレンジPGをみなさんも一度使ってみてはいかがでしょうか?

琵琶湖でガイドをされている近松卓二プロも、フルレンジリールでビッグバスを釣り上げています。

ベイトリールの購入をご検討中の方は、一度釣具屋に足を運んで、実際に手にとって触ってみてください。

きっと欲しくなってしまいますよ!

関連記事

ベイトリール」カテゴリの人気記事

テイルウォーク」カテゴリの人気記事

DAILYランキング