リール 写真

シマノバルケッタ特集!船釣りでオールラウンドに使えるシマノ両軸リール

FISHING JAPAN 編集部

シマノからリリースされているバルケッタシリーズは、船釣りでアジやイサギ・マルイカ・タイ・タチウオ・青物などの釣りを楽しむための両軸リールです。

手巻きカウンター付きタイプや、そのカウンター用電源を太陽電池で補うタイプも用意されていますよ。

タイラバをするならどのバルケッタにしようか、機能を比較検討している人も多いでしょう。

シマノのバルケッタシリーズは機種が豊富!

シマノの船釣り用両軸リール・バルケッタシリーズには、さまざまな機種が設定されています。

バルケッタはノーマルな手巻きカウンター付き仕様、バルケッタプレミアムはマイクロモジュールギア搭載のカウンター付き仕様、バルケッタSCは太陽電池ソーラーセルを搭載したカウンター付き仕様、バルケッタBBはベーシック仕様になっています。

ユーザーも多いですから、その評判やインプレも多岐に渡っていますよ。

シマノ・バルケッタBBのユーザーインプレ

シマノ 17バルケッタBB 301HG (shi-037015)

シマノ 17バルケッタBB 301HG (shi-037015)

参考価格:¥18,598

Amazonへ

大きさもちょうど良く、カウンターを見やすいので良かったです。
操作法も簡単でした。

出典:amazon

シマノのバルケッタBBは、コスパ優秀なベーシックモデルです。

実売価格1万円台で済むので、これから船釣りを始めようかなと考えている人に向いているでしょう。

カウンター付きと聞くだけで「操作が難しいのかな?」と不安になる人がいますが、バルケッタBBはその点も安心して扱うことができますよ。

バルケッタのユーザーインプレ

趣味のミニボートタックルの鯛ラバ用リールとして購入。
カウンター付なので、魚探とカウンターで海況(潮の流速等)情報が
多く入るのはとても良いです。潮害にもタフに作られている様です。

出典:amazon

これは、バルケッタシリーズの中核を成すモデルです。

パワーのあるPGタイプ、巻き取りの早いHGタイプと、キア比の異なる機種から選べるようになっていますよ。

190~200グラムという軽さも、長時間の船釣りにはアドバンテージとなるでしょう。

バルケッタSCのユーザーインプレ

シマノ(SHIMANO) リール 両軸 ベイトリール 18 バルケッタ SC 1000

シマノ(SHIMANO) リール 両軸 ベイトリール 18 バルケッタ SC 1000

参考価格:¥16,497

Amazonへ

シマノ待望の新製品。このバルケッタシリーズ電池式とこのソーラーSCシリーズは,大きさにより選べる様になっています。この1000は糸巻き量も豊富で800よりも10グラム軽く仕上がっています。PE3号250m巻きました。
普段は電動リールを使用していますので,このリールは電動の約半分ぐらい軽いので,1日竿を振っている釣りには魅力的です。水深がそれほど深くなく,手返しが重視される釣り程,威力を発揮すると思います。

出典:amazon

このバルケッタSCには、太陽電池ソーラーセルを採用しています。

つまり電池交換が要らないカウンター付き両軸リールが誕生したわけです。

電動リールの重さを嫌う人も多いですから、手巻き+ソーラーセルで快適な船釣りを楽しんでみましょう。

最新モデル・バルケッタプレミアムとは

シマノ(SHIMANO) リール 19 バルケッタ プレミアム 150DHXG 右

シマノ(SHIMANO) リール 19 バルケッタ プレミアム 150DHXG 右

参考価格:¥29,209

Amazonへ

バルケッタプレミアムは、2019年に新発売されたフォールレバー+カウンター付き両軸リールです。

巻き心地の良いマイクロモジュールギアを搭載していて、エサ・ルアー釣りのどちらにも対応。

特にスローフォールの誘いが有効になるメタルスッテやタチウオ・ヒラメなどに効果があります。

一つテンヤ・タイラバ・ジギングなどに活用してみましょう。

DAILYランキング