ワーム 写真

レイドジャパン新作ワーム・2WAY!バス釣りアングラー大注目のワームを使った実釣動画をチェック

FISHING JAPAN 編集部

レイドジャパンから2019年新作ワームが登場します。

画像のワーム、名称は2WAY。

たくさんのレッグに覆われていますから、虫系カテゴリーであるのは分かりますが、これにはレイドジャパンならではの工夫が満載されていますよ。

レイドジャパン新作ワーム・2WAYのデザインをチェック

レイドジャパン新作ワームの2WAYは、2匹の虫同士が向かい合っているような形をしています。

その真ん中にある楕円状の部分に、マスバリフックをセットするようになっていますよ。

ここを支点にヘコヘコ動く仕組みですね。

虫系ワームなのに沈む

このワームは、キャストして着水すると沈むように作られています。

他メーカーがリリースしてきた既存の虫系ワームは、そのほとんどが水面に浮きました。

しかしながらそれでは、バイトを誘うタイミングや条件が限られてしまいます。

水面まで浮上してこないような、タフコンディションのビッグバスを仕留めるために、自ら水中へ潜る性能を載せたということになります。

あえてバスから離れた位置にステイさせる

ワームを直接口元に送り込んでも、スレッカラシのバスなら、まずバイトしてきません。

そういう状況を打破するために作られたのが、この新作ワーム・2WAYなのです。

動画では1.8グラムシンカーを付けたダウンショット・マスバリリグを、あえてバスから離れた位置めがけてキャストしています。

実釣しているのは、レイドジャパンを主宰している金森隆志さんです。

バスのほうからワームのある位置へ寄って来させるアプローチを実践

スレたビッグバスは、自分に向けて何か飛んでくると、警戒心を膨らませる習性があります。

バス釣りアングラーはどうしてもそういうアプローチをしてしまいがちですが、レイドジャパンの金森隆志さんは別次元の釣りを展開しますよ。

少し離れた位置へ新作ワーム・2WAYを着水させ、じっくりと時間をかけてシェイク。

離れた場所にいるバスを振り向かせ、徐々にワームのほうへと引き寄せてくるのです。

この新作ワームが2WAYと呼ばれる理由は、使い方が2通りあるからです。

もうひとつの使い方は、真ん中の接続部分でワームをカットし、0.5グラムのネイルシンカーをボディ内部に挿入。

そこにマスバリをセットしてフリーフォール+ときおりシェイクでバスを誘うというものです。

動画で実践してくれていますから、その釣れっぷりをあなたの目で確認してください。

バス釣り」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング