ルアー 写真

バンタム スウェジーでカバーに潜むビッグバスを誘い出そう!軽く巻ける最新スピナーベイト

FISHING JAPAN 編集部

バンタム スウェジーは、シマノからリリースされたバス釣り用スピナーベイトです。

スビナーベイトのフックは、常に上を向く設定になっていて、アッバーアームとブレードに守られていますよね。

これにより、大胆なカバー攻めに活用することができるルアーなのです。

バンタム スウェジーの実釣インプレ

バンタム スウェジーを実際にフィールドで使ってみました。

6.8フィートのミディアムアクション・ベイトロッドに、16ポンドのフロロカーボンラインを巻いたベイトリールを取り付けます。

あえてワームなどのトレーラー類は装着せずに、おかっぱりスタイルでアプローチしました。

バンタム スウェジーをカバーに当ててみる

まずは岸際のカバーに接触させながら引いて来ます。

沈木などに触れるたびにブレードが左右に大きく揺れますが、引っ掛かってしまうことは一度もありません。

この触れる感覚を身につけてから、今度は沖へ向かってキャストしました。

深い層を探ってみる

バンタム スウェジーを通すのは、急に深くなっているブレイクラインです。

一気にフォールさせて、底を取ってからリトリーブを開始します。

さきほどのカバーに触れる感触が発生するたびに、リトリーブを一瞬止めてからロッドティップを立てます。

これで沈んでいるカバーを丁寧になぞり、引っ掛からずに抜き出すことが可能なのです。

アームとブレードに注目

このスピナーベイトが浅いところに来ると、カバーから外れるときに大きく上下に揺れている様子が視認できました。

アームの径がアッパアームの先端に向かうにつれて細くなっているので、振動が増幅されるのかもしれませんね。

ブレードのフラッシングがしっかり届くのに、さほど巻き抵抗がなく軽やかにリトリーブできるのも、大きなメリットといえるでしょう。

バンタム スウェジーは、一定の層を平行にトレースするのにも向いています。

安定したブレード回転が乱れるたびに、さまざまな情報を手元に送ってくれますよ。

ヘッド下にオプション取り付け用のアイが装備されていますから、スリムなタングステンシンカーを付けてボトムクロールタイプのスピナーベイトにチューンしても、面白いかもしれませんね。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング