ルアー 写真

360°GTビスケイシャッドは2019年新発売の可動式オフセットフック搭載ソフトルアー!

FISHING JAPAN 編集部

360°GTビスケイシャッドは、ストームブランドから2019年新発売される、シャッド系ソフトルアーです。

1パックに2本入っていて、高いウィードレス性能とローリングアクションを得意としていますよ。

その特徴とデモンストレーション動画をピックアップしてみました。

360°GTビスケイシャッドの基本スペック!

360°GTビスケイシャッドは、軟質ボディにヘッドパーツとフックが付いた、シャッドテールルアーです。

サイズは全長9センチで、自重19グラム。

キャストしやすいボリュームに仕上がっていますね。

360°GTビスケイシャッドはシンキング仕様

このシャッドルアーは、シンキング仕様ですから、着水後すぐに底へ向かって沈むようになっています。

飛距離は十分に伸びるので、広範囲をくまなくチェックするのに向いているでしょう。

活性の高いロックフィッシュやシーバスが、果敢にアタックしてくるかもしれませんよ。

ボディと一体感のあるヘッドカラー

360°GTビスケイシャッドのボディと一体感のあるヘッドカラーは、リアルなベイトフィッシュを彷彿とさせてくれます。

フィッシュイーターなら、迷わずバイトしてくるでしょう。

ボイルを見つけたら、すぐにキャストして叩いてみたいですね。

可動式のオフセットフックを標準装備

このルアーには、可動式のオフセットフックが標準装備されています。

魚がバイトしてきたタイミングでフックポイントが出る仕組みになっていますよ。

これなら引っ掛かりやすい岩礁帯エリアへも、安心してキャストできますよね。

360°GTビスケイシャッドには、合計4種類のカラーが用意されています。

どれもリアルなベイトフィッシュ模様がペイントされていて、フィッシュイーターを捕食モードにスイッチさせる要素満々です。

2019年の6月にリリース予定、さまざまなターゲットに試してみたいですね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング