ルアー 写真

ハイカットDR-Fに2019年追加カラーが2種類ラインナップ!イナッコ&テナガVer.2

FISHING JAPAN 編集部

O.S.Pからリリースされているシャッドプラグ・ハイカットDR-Fに、2019年新しいカラーが追加されます。

水深3.7メートル付近にまで潜行し、ゆっくりと浮上しながらバスを誘うことができますよ。

その特徴やカラーラインナップをご紹介しましょう。

ハイカットDR-Fの基本スペックはこちら!

ハイカットDR-Fは、バス釣り用に作られた小型のフローティングシャッドプラグです。

サイズは全長60ミリで、自重5.4グラムになっています。

ハイカットDR-Fにはマグネット式の重心移動システムを搭載

このシャッドプラグには、マグネット式の重心移動システムが搭載されています。

高い磁力のネオジム磁石を採用し、2つのウエイトボールによる低重心化と安定した飛行姿勢、それから抜群の飛距離を発生させるようになっていますよ。

低重心の固定ウエイトも設置

ハイカットDR-Fの腹部には、低重心の固定ウエイトが設置されています。

クランクベイトのブリッツなどと同じように、腹部のウエイトは外部から見える位置まで下げられていますよ。

これによってロールアクションが強まり、安定した高速リトリーブが可能になります。

後方にも固定ウエイトが設置されていて飛距離アップ

このシャッドプラグには、後方にも固定ウエイトが配置されています。

飛行姿勢が安定するようになり、飛距離の向上に役立っていますよ。

相当ウエイトが配置されていますが、緻密な設計でフローティングに仕上げられています。

また標準装備されているトレブルフックは、ベリーもリアも10番サイズです。

これを8番に上げると、浮上せずにサスペンドするようになります。

ハイカットDR-Fに追加されるカラー、2種類です。

●イナッコカラー

●テナガVer.2カラー

どちらもバスが好むベイトフィッシュカラーですから、釣り場でキャストしてその反応を早く見てみたいですね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング