水面 写真

ボイルが炸裂するのを見つけた!バスがボイルしているときの攻略法

FISHING JAPAN 編集部

池に浮いていると、いきなり沖のほうで水飛沫が上がることがあります。

バスが水面にボイルしているようですね。

こういう状態のバスを釣るにはどうすればいいのでしょうか?

ボイルとは

その前に、そもそもボイルとは何でしょう?

ボイルとは、バスのようなフィッシュイーターが水面に出て来て小魚を捕食している様子を指しています。

つまり、主体はフィッシュイーターです。

ナブラとは

よく似た言葉で、ナブラがありますが、これは小魚が水面に追い込まれ暴れている様子を指しています。

つまり、主体は小魚なのです。

そこで問題!ライズとは何を表しているのでしょう?

ライズとは

ライズも、ボイルやナブラとよく似ているイメージの言葉ですよね。

実はライズは、ボイルの延長線上にある言葉で、フィッシュイーターが主体となり、水面から飛び出てしまった状態を指しています。

主体や行動の詳細によって、ここまで言葉が変わるとは驚きですね。

ボイルしているバスを釣る方法

さて、ボイルに戻りますが、ボイルしているバスを釣るには、その瞬間を凝視しなければなりません。

よく見てボイルした後のバスが、その地点からどちらの方向に身体を流して行ったか、きっちり確認してください。

手にしたルアーは、バスが流れて行った方向にキャストしてこそ、バスを釣ることができるのです。

ボイル後のバスを釣るのにおすすめのルアーは、細長くて小魚そっくりの浮くタイプが良いでしょう。

水面に浮いていれば、バスに見つけてもらいやすいですし、バイトが乗りやすいともいえます。

バスは水面を意識しているので、できるだけ長い時間そこにとどまれる性能が求められます。

ポッパータイプなら、スプラッシュを発生させて擬似ボイルを起こすことも可能です。

それに誘われて、ビッグバスが食い付いてくるかもしれませんよ。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング