ルアー 写真

フッキングノイジー ブレードチューンを使って夏のバス・ナマズ・ライギョをゲットしよう!

FISHING JAPAN 編集部

2019年にダイワから新発売となったフッキングノイジー ブレードチューン、なかなか派手なトップウォータープラグです。

これほど多くのブレードパーツが付いたルアーを見ることは稀ですし、実際に動かしてみると、干渉音も凄く鳴り響きますよ。

フッキングノイジー ブレードチューンってどんなルアーなの?

フッキングノイジーを手に入れて、実際にフィールドでキャストしてみました。

自重が20グラムもありますから、十分な飛距離が出ますよ。

ラインはナイロンの20ポンド、ロッドは6.8フィートのミディアムヘビーです。

フッキングノイジー ブレードチューンの着水音

着水音がやや大きかったのが印象的でしたね。

水柱が上がるほどではありませんが、周辺にいたであろう魚たちは驚いたに違いありません。

上下に乱れた水面が徐々に静かになっていくと、あることに気づきます。

浮き姿勢

フッキングノイジー ブレードチューンの浮き姿勢が、前のめりなのです。

前方にしっかりと傾斜しているのが分かります。

たぶんカップに付いているブレード2枚と、腹部のブレード1枚の加算重量の影響が出ているからではないでしょうか。

リトリーブしてみたときの印象

そのままリトリーブを開始すると、通常のカップノイジーのようにカポカポ音を発しながら、水面を泳ぎ始めました。

特にレスポンスが悪くなっているとは感じませんから、ブレード追加によるアクションのキレは申し分ないでしょう。

発生する音は、かなりうるさめですが、ナマズにはちょうどいいのではないでしょうか。

フッキングノイジー ブレードチューンは、足場の高い堰堤などからキャストしても、きっちり足元までアクションさせることが可能です。

これがあの前傾姿勢によって生み出されていることに気づくのに、少し時間がかかってしまいました。

フロントヘビー設定とカップノイジーの相性はバツグンといえるでしょう。

もしナマズを夜釣りで狙うときは、携帯ライトやライフジャケットを持参・着用することを忘れないようにしてください。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング