フック 写真

ピアスツイン ブルータルは2019年新発売の熱収縮チューブで2本のフックを束ねたダブルフック!

FISHING JAPAN 編集部

リューギから2019年新発売のピアスツイン ブルータルは、ルアー釣り専用のダブルフックです。

既存のダブルフックは軸部分で固定されているので、2本のハリ先に同時に魚が掛かった場合、よじれてしまうことがあります。

そこでこのダブルフックでは固定を取り止め、シングルフックが2つ合わさった状態にしています。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

ピアスツイン ブルータルの基本スペック!

ピアスツイン ブルータルは、ルアー釣りに使うためのダブルフックです。

サイズは、2/0・1/0・0・1がすでにリリースされていますよ。

2・3・4・6は、2019年の9月に発売予定です。

ピアスツイン ブルータルはツインフックシステムを採用

このダブルフックには、ツインフックシステムを採用しています。

つまり、シングルフック2本を熱収縮チューブで束にしているのです。

フックそれぞれに負荷が生じても、フレキシブルに可動してくれますよ。

高い負荷が掛かる大型魚の釣りを得意としているピアスツイン ブルータル

ピアスツイン ブルータルは、ヘビータックルやPEラインを使ったタックルのような、高い負荷が掛かる状況下で、うまく使えるようになっています。

魚をとらえたハリ先のほうのフックが、しっかり貫通する仕組みに仕上げられているのです。

ピアスツインブルータルのフック軸線径は太い

ピアスツインブルータルのフック軸線径は、太径化しています。

1本掛かりになりやすいですから、変形によるパワーロスを抑えたフッキングをおこなうことができます。

またフックの太径化による貫通力の低下は、極小のアウトバーブとTCコートを採用することで解決していますよ。

ピアスツイン ブルータルは、全部で8種類のサイズが用意されています。

ビッグベイトやスイムベイト、羽根モノなどのトップウォータープラグ、ビッグクランクベイトなどに適合するでしょう。

フックの支えが緩んできたら、ライターなどの弱めの火で熱収縮チューブをあぶって、しっかりと固定してから再度使うように心がけたいものです。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング