リール 写真

ダイワカルディアを使ってみた!LTコンセプト搭載のコスバ優秀なスピニングリール

FISHING JAPAN 編集部

ダイワの汎用スピニングリール・カルディアは、2018年にフルモデルチェンジを果たしました。

軽さを武器にあらゆる釣りを楽しめるカルディアが、フルモデルチェンジで搭載したのは、LTコンセプト。

つまり、軽さとタフさを兼ね備えたリールへと進化したのです。

ダイワ・カルディアに搭載されたLTコンセプトが実用性を高めている

ダイワ・カルディアの実売価格帯は1万円台、極めて多くのユーザーが注目し実用したいと考えるモデルといえるでしょう。

そこにLTコンセプトという、軽さとタフさを兼ね備えた機能を持たせたのですから、リールの買い替えを真剣に考える人が多く現れても不思議ではありません。

実際に発売開始以降、さまざまなユーザーからのインプレや評価が公表されていますよ。

注目すべきダイワ・カルディアのユーザー評価を追いかけてみましょう。

ダイワ・カルディアLT2000Sのユーザーインプレ

11、14カルディアを所有しています。これまでのカルディアはReal Fourシリーズで、回転の軽さが特徴でした。18カルディアは回転の質が変わり、しっかりした巻心地となっています。14カルディアと比較すると回転がやや重く感じるかもしれません。実物を確認してから購入することをオススメします。

出典:amazon

カルディアの旧モデルからの買い替えを実践した人が多いですね。

こちらのユーザーは、巻き心地の変化に着目しています。

回転がやや重く感じる理由は、マグシールドなどの新しい機能によるものでしょうか。

さまざまなインプレが、購入の決め手になるのは間違いなさそうですね。

ダイワ・カルディアLT2500のユーザーインプレ

リールはシマノ派でしたが、初めてダイワリール買ってみました。
予算2万以内でシマノ、ダイワ色々なサイトで評価をみてこれに決めました。
見た目小さくてカッコいい!お気に入りです。

出典:amazon

使っているスピニングリールをシマノからダイワに変えるきっかけにもなっているようです。

どちらのメーカーも先進技術を駆使して新しいリールをリリースしてきますから、買う立場としては悩みが尽きません。

コスパや基本性能をしっかり比較するのは、当然の成り行きといえるでしょう。

ダイワ・カルディアLT3000-CXHのユーザーインプレ

LTとはいえ3000番で200gを切る軽さを試してみたくて購入。
コンパクトサイズの2000番のような軽さ。
ふかせでのサケ釣り、気を使ってもロッドもリールも砂だらけになる団子釣り、ゴロタ石を歩いてのロックフィッシュなどで使いましたが、巻き上げのパワーもドラグの滑り出しも申し分ないです。スペアのスプールも購入して、用途に合わせて使っています。

出典:amazon

3000番という大きさのリールでも、カルディアなら驚くほどの軽さに仕上がっています。

もう1番手小さなリールの重量感しかないのなら、釣りに対する集中力が増すのは間違いないでしょう。

長時間の釣行にも、軽さは大いに味方になってくれるはずです。

ダイワ・カルディアLT4000-CXHのユーザーインプレ

とりあえず本当に軽いです。これでロッドと合わせて405gになりました。
これから疲労がかなり軽減されそうです。
ハイギアにも関わらず巻きの軽さもあって満足しています。流石にレブロスとは別物ですね。
サーフからのヒラメゲーム/LSJにはこれ以上の性能は必要ないようにも思います。

出典:amazon

4000番ともなると、大型青物を狙うショアジギングや、サーフからのヒラメゲームで扱いたいですよね。

実際に使用しているユーザーのインプレは、高評価になっているようです。

巻き心地の軽さも体感できているようですから、性能的には申し分ないのでしょう。

強い負荷の掛かる釣りを長く続けた場合のインプレも、見てみたいですよね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング