ゲーリーヤマモトがリリースしているワーム・ファットイカ

ゲーリーヤマモトはバスワームの定番!人気のおすすめワームを大特集

FISHING JAPAN 編集部

ボディに対してタテ方向に刻まれたリブ、塩入りのワームマテリアルといえば、ゲーリーヤマモトのワームを思い浮かべますよね。

日本におけるバス釣りの黎明期から、多くのアングラーとともに歩んできた、このワームの実力をご紹介しましょう。

ゲーリーヤマモトとは

ゲーリーヤマモトとは、アメリカ発のルアーメーカーの名称で、スピナーベイトやバズベイト・、パーカーなどのアパレルもリリースしていますが、何と言ってもワームが世界的に知られています。

バス釣り初心者からベテランアングラー、バストーナメントを戦うバスプロまでも、ゲーリーヤマモトがリリースしているワームのヘビーユーザーとなっていますよ。

その理由はズバリ、よく釣れるからなのです。

ゲーリーヤマモトのワームが釣れる理由

ゲーリーヤマモトのワームがよく釣れるのは、その素材=ワームマテリアルに要因があると言われています。

通常のプラスチック素材ではなく、素材に塩が混入されているのです。

「えっ、調味料で使うあの塩のこと?」

そうです、あの塩がふんだんに含まれているんですよ。

塩が加わることによって、ワームそのものの比重が高くなります。

その状態で水に突入したときのフォールスピード・フォール姿勢・振動・水押しなどが、より生命感を帯びるメリットが生まれます。

それからもうひとつ、塩が入っていることによって素材がいい感じに脆く、フッキングの際にハリ先がワームから飛び出しやすいのです。

バスが口にしたときの食感も、他の反発力の高い素材のワームより、好ましいものになっていると推察されます。

ゲーリーヤマモトのワームをさまざまなリグにセットした水中アクション動画はこちら

ゲーリーヤマモトのおすすめワーム①カットテール

ゲーリーヤマモトのカットテールは、バスプロがツインティーズ時代のカーリーテールワームをテールカットして使っていたものから発展したものである!と聞かされたことがあります。

こんなにスパッ!とカットされた、大胆なテールデザインは、他に類を見ないですよね。

どのワームとも似ていない、まさにオリジナルそのもので、本当によく釣れます。

ナローゲイブのオフセットフックにセットして、ノーシンカーリグの状態でバスの口元に落とすと、カンタンにバイトしてきますよ。

3.5インチ カットテールワーム 390(スカッパノン/スモールブルーフレーク)

3.5インチ カットテールワーム 390(スカッパノン/スモールブルーフレーク)

最安値価格
¥652(楽天市場)

Amazonへ ¥748

楽天市場へ ¥652

Yahoo!へ ¥652

ゲーリーヤマモトのカットテールを実際に使ってみました。

ボディカラーは、黒寄りのスモークにラメを散りばめたもので、サイズは4インチ。

バスが好んで追いかけている小魚サイズですから、直撃できればすぐに釣れるはずです。

池の岸際に繁っている草の上にキャストし、引っ掛かっている状態でロッドをシェイク。

その振動に耐えかねて、カットテールが水面に落ちると同時に水柱が上がりました。

沖に向いて力強くラインが走っていきます。

それを視認してから、しっかりとチカラを加えてフッキング。

ロッドが弧を描いたままなら、フッキングは成功していますから、じゅうぶんに時間をかけて引き寄せるようにしましょう。

獲れたのは、30センチを少し超えたバスでしたが、もっと小さいサイズや逆にビッグバスも食い付いてきますよ。

カットテールがあまりにもエサっぽいので、バスの釣れるサイズを選ぶことは難しいでしょう。

その代わり、ひんぱんにバイトが発生しますから、10匹ぐらい釣り上げるのに大した時間はかかりません。

あまりバスを釣った経験のない人なら、カットテールを抑えに釣り場へ持参すると、ボウズを逃れることができるかもしれませんよ。

ひとつ注意しておくことがあります。

バイトがあったのにフッキングするのを遅らせていると、カットテールはバスのノドの奥に消えてしまいます。

そうなれば刺さったフックを外すのが至難の業になりますから、フッキングは早めにおこなうようにしてください。

ゲーリーヤマモトのおすすめワーム②ヤマセンコー

ゲーリーヤマモトのヤマセンコーは、前述のカットテールをやや太くして、テールデザインをよりシンプルにした、スティックベイトワームです。

やはり塩入りマテリアルのおかげで比重が高いので、よく飛びますし、水中でトゥイッチしたときの水絡みの良さや小魚っぽさは、バツグンの仕上がりを見せてくれますよ。

ボトムに向かってフォールしていく姿勢も、バスの食い気を誘うようです。

GaryYAMAMOTO/ゲーリーヤマモト YAMASENKO/ヤマセンコー 4inch 【2】 #343 10本入

GaryYAMAMOTO/ゲーリーヤマモト YAMASENKO/ヤマセンコー 4inch 【2】 #343 10本入

最安値価格
¥1,120(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,188

楽天市場へ ¥1,320

Yahoo!へ ¥1,120

このヤマセンコー、見た目は単なる棒に過ぎません。

でもこういうシンプルなデザインのルアーが、バス釣りでは爆発的に効く場合が多々あるのです。

飛距離が伸びて、フォール姿勢が魅力的で、カラーに豊富なバリエーションがあって、高比重で・・となれば、釣れない要素を見つけ出すほうが難しいでしょう。

実際に釣り場でキャストしてみると、普通のベイトタックルで楽にキャストできました。

使ったのは、5インチサイズのヤマセンコーに、2/0サイズのオフセットフック。

シンカーを取り付けないノーシンカーリグで、さまざまなポイントにアプローチしてみましたよ。

興味深かったのは、水深が6メートル以上もあるエリア。

ヤマセンコーを着水させると、水平姿勢を保ちながら、スゥーッとフォールしていきます。

全く振動する様子もなく、身をよじるような素振りも見せず、そのまま視界から消えていった瞬間にラインが走ります。

フッキングもしっかり決まって、浮いてきたのは40センチ後半のバスでした。

落ちてくるヤマセンコーに対して突進してきたのか、フッキング後の暴れっぷりが激しく、久々にバスの豪快な引きを経験することできましたよ。

さほど太くない、とはいっても、カットテールよりは太いボディなので、しっかりとチカラを加えながらフッキングをおこなってください。

ゲーリーヤマモトのおすすめワーム③4インチグラブ

4インチサイズに設定されたこのグラブは、ゲーリーヤマモトの名を日本で広く知らしめた逸品です。

発売当時は、オフセットフックに装着し、キャストしてリトリーブするだけでバスが釣れました。

トゥイッチすることもシェイクすることも要りません。

独特な形状のカーリーテールが、水を巻き込むようにしてヒラヒラとなびいてくれます。

水の攪拌につながるでしょうし、小魚が尾ヒレを盛んに動かしているようにも見えます。

4インチというひと口サイズも手伝って、大小さまざまなバスがバイトしてくるでしょう。

ゲーリーヤマモト 4インチ グラブ 986(ワカサギ)

ゲーリーヤマモト 4インチ グラブ 986(ワカサギ)

最安値価格
¥748(amazon)

Amazonへ ¥748

楽天市場へ ¥790

Yahoo!へ ¥880

4インチグラブには、ややゲイブ幅の広い1/0サイズ程度のオフセットフックが、ジャストフィットしますよ。

そのセットでキャストして、そのまま沈めずにリトリーブを開始してください。

ロッドを立てれば、グラブが水面を割って浮上してきます。

その際に発生する引き波は、ボディとそこに刻まれたリブとカーリーテールのアクションによって、より力強いものに変わっていきます。

バスは下方からその引き波を見上げているわけですから、広範囲に散っている多くのバスの目に届くはず。

そういう展開を期待して、何度も水面をただ引きしてみましょう。

これまで釣ったことのないビッグバスに、いきなり出会えるかもしれませんよ。

ゲーリーヤマモトのおすすめワーム④ザコスイムベイト

最後に取り上げるのは、まだ日本国内で正規発売されていない、ゲーリーヤマモトのザコです。

正式名称は、ザコスイムベイトらしいのですが、まるでフナのようなサイドフラットな形をしていますね。

アメリカでは、このザコをチャターベイトのトレーラーとして活用するのが人気だそうです。

開催されているバストーナメントで、チャターベイトにザコをトレーラーとして装着したものがウイニングルアーになっているようですから、今後人気が急上昇する可能性があります。

ゲーリーヤマモト・ザコスイムベイトの水中アクション動画はこちら

ザコのようなフラットサイドのワームが、最近のトレンドといえるでしょう。

藻が生えているエリアなどでは、ブルーギルが大量に群れていることが。

それをエサにしているバスを狙うのに、よく似たシルエットのフラットサイドルアーを使うほうが、釣れる確率は高くなるに違いありません。

ザコの側面には、深い溝が刻まれており、水中でフレキシブルな左右アクションを生むのに効果を発揮してくれるはずです。

チャターベイトのトレーラー以外にも使い方が紹介されるようになれば、日本国内向けに正規輸入されねかもしれませんね。

ケーリーヤマモトのワームを使ってバス釣りもっと楽しもう!

ゲーリーヤマモトがリリースしているワームのインプレを中心に特集してみましたが、いかがでしたか?

よく釣れる理由や人気が長い期間に渡って続いている理由が、分かってもらえたはずです。

もしまだ使ったことのないワームがあれば、この機会にぜひタックルボックスへ入れてみてください。

これまで獲れそうで獲れなかった、あの池に棲むビッグバスを、ゲーリーヤマモトのワームなら連れ帰ってくれるかもしれません。

バス釣り」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング