ロッド 写真

バイオインパクト ライトヒラメは2019年新発売の船釣りヒラメ専用ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

2019年シマノから新発売となるバイオインパクト ライトヒラメは、船釣りにおけるヒラメ釣り専用ロッドです。

左右専用設計のXシート・エクストリームガングリップを搭載していますから、ホールド感が違います。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

バイオインパクト ライトヒラメの基本スペック!

バイオインパクト ライトヒラメは、船釣りヒラメ専用ロッドです。

変則の3ピース構造を採用しているので、持ち運びがとても便利になっていますよ。

全長は3種類用意されています。

2.25メートル・2.35メートル・2.45メートルの中から選んでください。

2.25メートルのみ6対4調子のムーチング仕様、その他の長さは7対3の先調子になっています。

バイオインパクト ライトヒラメのロッドの硬さ

このロッドの硬さは、MとMHから選べるようになっています。

錘負荷は、Mのほうが20~80号、MHのほうが20号~100号に設定されていますよ。

ただし、MHは6対4ムーチング調子には設定がありませんので注意してください。

Xシート・エクストリームガングリップを装備

バイオインパクト ライトヒラメには、Xシート・エクストリームガングリップが装備されています。

左右専用設計のシートですから、手のひらとグリップの接触面が大きくなっており、手のひらで包み込むようにホールドできるのがメリットですね。

手元感度の違いを是非体感してください。

穂先にはタフテックαを採用

このロッドの穂先には、タフテックαを採用しています。

しなやかさと強さを兼ね備えたカーボンソリッド穂先で、巻き込み強度が向上されていますよ。

それに加えて繊細なヒラメのアタリをしっかり伝えてくれる、高感度穂先でもあるのです。

バイオインパクト ライトヒラメには、ブランクスにスパイラルXコア+ハイパワーXが採用されていますし、穂先のガイドにはXガイドが搭載されています。

2019年の6月発売予定、先進のシマノテクノロジーが満載されたロッドで、大型ヒラメを狙ってみてくださいね。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング