稚魚 群れ 写真

孵化した稚魚の群れを発見!近くに潜んでいるビッグバスを釣るためのおすすめルアーをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

夏が近づいてくると、稚魚の群れがあちこちで見られるようになります。

春先に産んだ卵が、もう孵化したということでしょう。

日陰や日向のどこにでも稚魚の群れは漂っているようですが、よく観察してみると一定の条件に縛られた状態で泳いでいるのが分かってきました。

稚魚の群れは風の影響を受けやすい!

稚魚の群れは、自由にあちこちを泳いでいるのではなく、風の影響を強く受けています。

泳力がさほど備わっていないからでしょうか、少し風が吹いただけで全体のバランスを崩し、群れごと風下に向かって流されていきますよ。

もしこの群れをバスが襲うとしたら、風下エリアの身を隠せる場所に潜むはずです。

稚魚の群れの近くに潜んでいるバスを攻略するためのルアー・シマノ マクベスフラットAR-C

潜んでいるバスの頭上に投入するのは、稚魚そっくりのルアー・・・ではありません。

実際の稚魚のサイズは、1センチから2センチ程度。

そんなルアーをキャストしたところで、食ってくるのはブルーギルばかりでしょう。

そこで、そのブルーギルそっくりのルアーを選択するのです。

稚魚を襲うのに夢中になっているギルをルアーで演出すれば、潜んでいたバスにスイッチが入るかもしれませんよ。

潜んでいるバスを直撃するためのルアー・ジークラック ベローズギル

このワームをテキサスリグかリーダーレスダウンショットリグにして、バスが潜んでいる辺りに沈めてみましょう。

自ら向かってくる対象にバスは身構えますが、その警戒心をカンタンに解いてくれるくらい、このワームは生命感に溢れていますよ。

全身がリブで出来ていて、その間に空気の泡を大量に含み放出を繰り返します。

じっくりとシェイクしながら、バスがバイトしてくるのを待ちましょう。

番外編・SUPボードでバス釣りをするときの注意点

カヤックの発展型として、SUPボードが釣りに使われるようになりました。

海で使っているケースはよく見かけたのですが、今年は湖や池でもこれで浮かんでいる人がいますよ。

注意したいのは、やはり落水。

必ずライフジャケットを着用して乗るようにしましょう。

ただし、立ったままでは自分の姿がバスから丸見えなので、できるだけヒザを着いた状態で観察するところから釣りを始めてください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング