倒木 写真

倒木ポイントでバスを釣りたい!攻略方法とキャストしたいルアーをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

とんでもない倒木ポイントを見つけてしまうことがあります。

例えば、山奥のリザーバーでバス釣りをしていたら、どうしても水が流れる音を聞くと、そちらへ足が向いてしまうものです。

そこで見つけるのが、画像のような複雑に入り組んだ倒木の山。

果たしてどうやって釣ればいいのでしょう?

倒木の中に竹が混じっていることを発見!

そのままルアーをキャストすると、いきなり引っ掛かってしまいそうですよね。

でもよく見てください、倒木の中に竹が混じっていますよ。

竹は表面がツルツルで、ラインが触れても擦れて傷むことは稀でしょう。

そこで、竹が倒れている箇所を線でつないで、ルアーを通すルートを頭の中でイメージするのです。

倒木ポイント攻略のためのおすすめルアー・シマノ マクベスフラット

複数の竹が倒れている下でははなく、上を越えてルアーをキャストします。

そして丁寧にリールハンドルを回しながら、竹を1本1本越えてみましょう。

着水するたびに水飛沫が上がり、そこにいるバスを刺激するに違いありません。

スローフローティングなルアーなら、着水した後ゆらゆらと揺れながら水面に浮き上がりますから、そのアクションだけでバスをバイトに持ち込めるでしょう。

ただし、元々こういう複雑なカバーを攻めるためのルアーではありませんから、無理は禁物です。

倒木ポイント攻略のためのおすすめルアー・一誠 バグフロッグ

カバーに強いルアーの1番手ともいえるのが、中空構造のフロッグルアーです。

ただし、最後尾に付いているテール素材が重要で、複雑な倒木の中では繊細なアクションを加えることができませんから、自発的にアクションを繰り出してくれるゾンカー=ラビットファー装着のルアーがおすすめです。

倒木ポイント攻略のためのおすすめルアー・ジャッカル ミナモ

このワームは、素材自体に浮力が盛り込まれていて、着水しても沈もうとしません。

その状況なら、竹を経由したラインに引っ張られても、微細なアクションを繰り出すことができますよ。

フックの先をワームの中に刺して、引っ掛かりにくい状態にしてから倒木目がけてキャストしてみてください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング