ルアー 写真

リトルマックスをオールシーズン使いたい!冬の定番アイテムをあらゆるシチュエーションで活用しよう

FISHING JAPAN 編集部

画像を見ての通り、鉄板系バイブレーションプラグであるエバーグリーンのリトルマックス。

TGモデルやヘビーウエイトモデルなどが幅広くリリースされている、冬の定番アイテムです。

でも冬にこんなに釣れるんだから、他の季節でも使わないともったいないですよね。

ユーザーインプレも含めて、オールシーズン使えるルアーであることを検証してみましょう。

リトルマックスを冬以外の季節でも使ってみよう!

秋が終わりを告げるころ、釣具店の店頭には鉄板系のバイブレーションプラグが数多く並ぶようになります。

その印象が強過ぎて、これは冬のルアーだ!と思っている人も多いでしょう。

実は春から夏、そして秋にかけてもじゅうぶんに使えるルアーなんですよ。

例えば日射しが強くなる暑い真夏、バスは過ごしやすい環境を求めて、底付近へ移動しがちになります。

そういったディープゾーンなら、リトルマックスの独壇場ですよね。

冬と同じように、夏のディープゾーンへリトルマックスを急速フォールさせてやりましょう。

3月の春先にリトルマックスを使ってみた!

2019年の3月に5匹この色で釣ってます!他の色はブルーバックチャートで2匹釣れました!
ただ巻きだけで本当良く釣れます!

出典:amazon

このユーザーの方は、3月の春先にリトルマックスを使ったようですね。

極寒の冬に釣ったのではないことを、しっかり証明してくれていますよ。

プリスポーニングの状態のバスは、リトルマックスのような一定スピードによる振動アクションに、極めて反応しやすいのです。

シーバスをターゲットにリトルマックスを使ったら・・・

シーバス狙いが。。。隅田川でエイが釣れちゃいました。回収出来なかったので、リピートします。

出典:amazon

なんとこのユーザーの方は、バス釣りにではなくシーバス狙いでリトルマックスを使っていたようです。

実はシーバスも、鉄板系バイブレーションに極めて反応が良く、素晴らしい転用だと納得してしまいます。

しかもエイが釣れてしまったとは・・・。

エイは鋭いトゲを尻尾の部分に持っていますので、取り込みに注意しましょう。

リトルマックスにはダブルフックが標準装備されている!

春夏秋冬どれでも使え、釣れる、飛ぶ、高くないといった万能ものです。
先日、これで50up?をかけましたがバレました。
バレやすいので針を変えた方がいいかも?

出典:amazon

このユーザーの方は、リトルマックスのフックについて言及しています。

標準で装備されているのは、ダブルフック。

このダブルフック自体が、フッキング効率の良いものではありませんから、バイト即フッキングすることは止めたほうがいいかもしれません。

しばらくバスに持たせておいて、ラインが走り出してから逆方向にスイープにフッキングするなどの工夫が必要でしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング