ルアー 写真

ラウダー50はスピニングタックルやベイトフィネスでロングキャスト可能な小型ポッパー!

FISHING JAPAN 編集部

O.S.Pからリリースされているラウダー50は、小型フォルムのバス釣り用ポッパーです。

スピニングタックルはもちろん、ベイトフィネスタックルでもキャストできるように設定されています。

その特徴を詳しく見てみましょう。

ラウダー50の基本スペック!

ラウダー50は、バス釣り用の小型ポッパーです。

全長50ミリで自重4.7グラムですから、通常のポッパーよりは小さくて軽いものの、スピニングタックルはもちろんベイトフィネスタックルでもキャストできるようになっています。

小さいから飛ばない・投げにくい!では、実際の釣りで使いにくいですからね。

ラウダー50の口元の構造

このポッパーの口元を見てください。

画像は断面図ですが、ロングノーズにデザインされているので、立ち気味姿勢のまま水面にフタをするようなアクションが可能です。

それによりボコンというポップ音を起こすことができますよ。

スプラッシュを効果的に発生させるBreak Water構造

ラウダー50の上アゴの内側にあるBreak Water構造によって、スプラッシュを真上に上げることができますし、ルアーの前方にスプラッシュを弾くことも可能です。

この広範囲なスプラッシュによって、小さいボディフォルムながらも高いアピール度を保有するポッパーになっているのです。

小さいから着水音を抑えられる!

小型化したポッパーは、着水音を下げることができます。

当然それによりバスの警戒心は下がります。

またフェザーやティンセルも豊富に付いているので、より一層着水音が抑えられるのです。

ラウダー50には、全部で19種類のカラーが用意されています。

小魚やエビ・昆虫に似たものが網羅されていて、かなりリアルな雰囲気を作り出すのに成功していますね。

ボディサイズ以上のアピール度と相まって、タフコンディション下のバス攻略に役立ってくれるでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング