ルアー 写真

スティーズ チキータフロッグは2019年新発売のコンパクトな中空フロッグ!

FISHING JAPAN 編集部

2019年ダイワから新発売のスティーズ チキータフロッグは、コンパクトサイズに設計された中空フロッグルアーです。

カバーを攻略する際に、コンパクトボディが余計なプレッシャーをバスに与えません。

その特徴やデモンストレーション動画をピックアップしてみました。

スティーズ チキータフロッグってどんなルアーなの?

スティーズ チキータフロッグは、コンパクトなバス釣り用中空フロッグです。

サイズは、全長38ミリで自重6.2グラム。

かなり小さいですが、今年リリースされたCTコンセプトのベイトリールなら、楽々キャストできるでしょう。

スティーズ チキータフロッグには長いスカートとフロントカップが搭載

このルアーには、長いスカートとフロントカップが装備されています。

どちらも移動距離を抑えるのに有効で、追従してきたバスを確実にとらえるための工夫といえます。

特にスカートはボディサイズよりも長い70ミリ。

しっかり水と絡んで、生命感溢れるアピールをおこなってくれるでしょう。

樹脂タングステンウエイトを採用

スティーズ チキータフロッグには、樹脂タングステンウエイトを採用しています。

喫水線を下げる役割を果たし、水押しや水絡みを理想的な形に持っていくことを目指していますよ。

高比重だからこそ、重心を一点に集中できるメリットも得られます。

コンパクトサイズだからこそのメリットとは

これまでの中空フロッグは、サイズ的に大きいものが多く、フッキングミスの原因になっていました。

そこでこのルアーのようなコンパクトサイズでアプローチすれば、複雑なカバーの中へも入れやすいし、バイトがあれば口の中へスッポリ入る確率も上がります。

それがフッキング率の向上に直結するのです。

スティーズ チキータフロッグには、計8種類のカラーが用意されています。

リアルな保護色系から、派手な膨張色系までしっかり揃っているので、シチュエーションに合わせて選ぶことができますよ。

2019年の6月に発売予定、カエルのいるところなら迷わずキャストしてみましょう!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング