ルアー 写真

ブレニアス ライズウォーク65Fは2019年新発売のチニング専用ペンシルポッパー!

FISHING JAPAN 編集部

シマノから2019年新発売となるブレニアス ライズウォーク65Fは、チニング専用のペンシルポッパーです。

チヌが反応しやすいように、さまざまな工夫が盛り込まれていますよ。

その特徴を詳しくチェックしてみましょう。

ブレニアス ライズウォーク65Fの基本スペック!

ブレニアス ライズウォーク65Fは、チヌを釣るためのペンシルポッパーです。

サイズは、全長65ミリで自重5グラム。

スピニングタックルはもちろん、ベイトフィネスタックルでもキャストできそうです。

ブレニアス ライズウォーク65Fは移動距離が短い

このペンシルポッパーは、アクションを加えても移動距離が短くなるようにセッティングされています。

ということは、狙ったピンポイントの近くでじっくり誘うことができ、チヌのバイトを待つことが可能になるのです。

静止状態でもフッキングに持ち込みやすい姿勢で、水面に浮いてくれますよ。

頭部にバブルチャンバーを搭載

ブレニアス ライズウォーク65Fの頭部に注目してください。

バブルチャンバーが開けられています。

カップ上部の吸水口から流れ込んだ水を、背面の噴水口から放出するようになっていますよ。

細かな泡を発生させて、チヌへのアピールを高めつつ、泡によってボディシルエットを見えづらくします。

シルエットがはっきりしなければ、チヌに見切られる確率はぐっと抑えられるでしょう。

インサートプレートを内臓

ボディにはインサートプレートが内臓されています。

これにより光を反射し、ボディシルエットをボカす効果が得られるでしょう。

当然フラッシング効果でチヌを振り向かせることも可能です。

ブレニアス ライズウォーク65Fには、計8種類のカラーが用意されています。

チヌがよく反応するオレンジやライムチャートがラインナップされているので、安心して攻めることができますね。

2019年の7月に発売予定、河口域などで見えている大型チヌをターゲットにしてみましょう!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング