ワーム 写真

サムライ太刀ワインドダートは2019年新発売のタチウオワインド釣法に用いるディンプルボディワーム!

FISHING JAPAN 編集部

2019年ダイワより新発売されるサムライ太刀ワインドダートは、タチウオのワインド釣法で用いるワームです。

ボディの表面に凸凹のディンプル加工が施されていますね。

詳しい特徴についてピックアップしてみました。

サムライ太刀ワインドダートってどんなワームなの?

サムライ太刀ワインドダートは、タチウオをショアから釣るときに用いるためのワームです。

サイズは90ミリ、ジグベッドにセットすれば、近海を回遊するイワシやサバ・キビナゴなどにそっくりになりますね。

まさにタチウオが好むエサそのものです。

サムライ太刀ワインドダートはタチウオのワインド釣法に使おう!

このワームは、タチウオのワインド釣法に用いるために作られています。

専用ジグヘッドにセットして、ロッドワークを駆使しながらワームをダートさせてみましょう。

夜はもちろん昼間でも、活性の高いタチウオが強烈なバイトを見せてくれるでしょう。

ワームの断面

サムライ太刀ワインドダートの断面を見てください。

底辺が幅広になった、二等辺三角形になっています。

これにより、着水してからの左右へのダートアクションが発生しやすくなっているのです。

表面にディンプル加工

このワームの表面には、凸凹のディンプル加工が施されています。

ゴルフボールの表面とよく似ていて、空気抵抗を抑えつつ飛距離を伸ばすことができますよ。

また魚のウロコ模様にも見えますから、タチウオが疑いなくバイトしてくるかもしれません。

サムライ太刀ワインドダートには、計6種類のカラーが用意されています。

ルミノーバ夜光塗料を使用したカラーもラインナップされていて、明るく長く光り続けるようになっています。

2019年の6月に発売予定、タチウオの接岸を耳にしたら、このワームを持って釣り場へ向かいましょう!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング