ポツンと沖に浮かぶカバーを見つけた!このエリアでバスを釣るための考え方

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りをしていると岸際から離れたところに、ポツンとカバーが滞留しているケースに出くわすことがあります。

たぶん風や水流によって、ここまで流されてきた浮遊物が、底の変化に引っ掛かってポツン状態になってしまったのでしょう。

本来ここに存在しなかった、沖の単体カバーに注目してみましょう。

岸際から離れたところにポツンと存在するカバーに注目

つい見落としがちな、岸際から離れたところにある「ポツンカバー」。

その規模が小さいので、バスには影響を与えないだろうと感じるかもしれませんが、実はとても重要な役割を担うようになっているかもしれないのです。

水中にも存在するポツンカバー

ポツンカバーが、水面に表出していないケースも考えられます。

そうなるとなかなか発見しにくいのですが、注意深く水中を眺めていると・・・ほら、ここにもありました。

どんな役割を担っているのか検証スタート

このポツンと岸から離れたところにある単体カバーは、ディープエリアから岸際のシャローエリアへバスが向かうときの、中間地点=橋渡しの役割を果たしているかもしれませんね。

単体カバーと岸際を含んだ大きめのテーブルがそこにあるとイメージしてください。

そのテーブル、バスが食事のための狩りをおこなう場所に成り得るのではないでしょうか。

テーブルがそこに存在する!

例えば、単体カバーと岸際の間に身を隠し、通りかかったベイトフィッシュを襲うバスがいるかもしれません。

岸とカバーに挟まれるわけですから、潜むには格好のシチュエーションでしょう。

また沖の深い側に身を隠せば、テーブル自体にベイトフィッシュが棲み付いて、格好のエサ場と化してくれるかもしれないのです。

おすすめのルアーは、意図的にバランスを崩した泳ぎを見せることのできるフローティングプラグです。

W17 クラップシューター VRY

W17 クラップシューター VRY

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

バス釣りをおこなうときには、対象のみを見つめるのではなく、2つの対象が合わさって1つの強い要素を作り出す可能性にまで、考察の幅を拡げるようにしましょう。

テーブルとは、まさに複合による強い要素そのもの。

これを発見できたら、あなたのバス釣りがより楽しくアグレッシブなものに変わっていくに違いありません。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング