ルアー 写真

マイクロポンパドールに2019年追加カラーが仲間入り!食わせのマイクロサイズが効く

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルからリリースされているマイクロポンパドールに、2019年追加カラーが6種類登場します。

羽根モノ大好きなバスアングラーは多いですが、このルアーは特に小さくて可愛いので人気が高いですよ。

そのスペックやデモンストレーション動画、カラーラインナップを見てみましょう。

マイクロポンパドールの基本スペック!

マイクロポンパドールは、左右にメタルウィングパーツの付いた、トップウォータープラグです。

通称・羽根モノと呼ばれているルアーで、キャストの際は折り畳まれ、着水と同時にその羽根が開く仕組みになっています。

しっかりと水を受けてクロールする様子を、動画でご覧ください。

マイクロポンパドールのサイズ

この羽根モノルアーのサイズは、全長42ミリで自重6.5グラムです。

これだけのボリュームなら、スピニングタックルでキャストできますよね。

初心者の方もじゅうぶんに使いこなせるスペックになっています。

回転プロップの効果

マイクロポンパドールの最後尾を見てみましょう。

回転プロップが装着されていて、その中心を貫いているヒートンに、上向きのダブルフックが付いています。

羽根で発生させた波動を、プロップの回転で裁断していくことで、絶妙な生命感が醸し出されるでしょう。

着水音を活かした釣りを実践しよう!

小型ボディのメリットは、やはり着水音の低さでしょう。

バスが驚いて警戒心を高めることなく、ルアーそのものに興味を持って近寄ってくるはずです。

そこで各種アトラクターを活用し、バスを刺激すればバイトに結び付くでしょう。

マイクロポンパドールの追加カラーラインナップは次の通りです。

●カナブンメタリック

●スモーキーギル

●マイクロカワセミ

●真っ黒ドクガエ~ル

●ドクナシスズメバチ

●マッディシロヒトリ

梅雨時の高活性バスを確実に仕留めたいですね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング