ワーム 写真

バスエネミースティックは2019年新発売のウィードガード機能を搭載したスティックベイトワーム!

FISHING JAPAN 編集部

エバーグリーンから2019年新発売のバスエネミースティックは、ウィードガードが付いたスティックベイト系ワームです。

シルエットがベイトフィッシュそのもので、引っ掛かりやすいウィードエリアなどで重宝しそうですね。

その特徴や水中アクション動画をチェックしてみましょう。

バスエネミースティックってどんなワームなの?

バスエネミースティックは、スティックベイト系のワームです。

ストレートワームよりもボリュームがあり、ロールアクションを引き出しやすい形状に仕上がっていますよ。

サイズは、4インチと5インチが用意されています。

バスエネミースティックにはウィードガードが標準装備

このワームには、頭部にウィードガードが装着されています。

とても珍しいデザインで、ジグヘッドにセットしたときに、そのハリ先をウィードガードに刺すことができます。

これにより、複雑なカバーやウィードが密集したエリアでも難なくアプローチが可能となります。

リブの効果

バスエネミースティックのボディ全体にはリブが刻まれています。

水をしっかりつかんで波動を起こすベースとなりますから、ベイトフィッシュのような生命感を溢れさせることができるでしょう。

フックセットする部分のリブは、ひと山ずつ飛ばして配置していますので、ハリ先を埋めやすい印象ですね。

スティックベイトはバス釣りに効果的

スティックベイトがバス釣りにひんぱんに使われるようになったのは、アメリカのスラッゴーやギャンブラースタッドといった、高い性能を持つスティックベイトのおかげでした。

日本製でそれらを凌駕するアイテムを、待ち望んでいたアングラーは多かったでしょう。

このバスエネミースティックで、新たなスティックベイトの可能性を探ってみたいものです。

バスエネミースティックには、計13種類のカラーがラインナップされています。

どれもベイトフィッシュに似た配色で、水質やその他シチュエーションに合わせて使い分けてみるのがいいでしょう。

4インチが2019年6月上旬、5インチが7月上旬発売予定となります。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング