リール 写真

メタニウムMGLを使ってみた!実釣インプレ&次期モデルに期待するスペックを大胆予想

FISHING JAPAN 編集部

人気の高いメタニウムMGLについて、実際に使ってみたインプレと次期モデルに期待するスペックを詳細に挙げてみました。

メタニウムMGLのマイクロモジュールギア

シマノのベイトリール・メタニウムMGLを使ってみると、その巻き心地の良さに驚かされます。

マイクロモジュールギアが搭載されていることで、極めて滑らかにハンドルを回せるようになっていますよ。

ストレスを感じることのない使用感は、この巻き心地に下支えされているからだと実感できます。

ただし、すでにシマノのスピニングリールには、マイクロモジュールギアⅡが搭載されていますから、次期メタニウムMGLにはベイトリール用に仕上げられたマイクロモジュールギアⅡが載せられるかもしれませんね。

メタニウムMGLに搭載されるスプール

メタニウムMGLのキャストフィールは、ニューマグナムライトスプールを搭載していることによって作り出されています。

キャスティングにおける基本性能に着目すると、遠投性・バックラッシュのしにくさ・アキュラシーキャストが挙げられますが、どの性能においてもワンランク上のレベルを達成しているように感じます。

しかしながら2019年発売の新型アンタレスには、マグナムライトスプールⅢが搭載されましたから、これが次期メタニウムMGLに載ることを期待してしまいます。

メタニウムMGLのブレーキシステム

ブレーキシステムの要・SVSインフィニティも、バックラッシュを抑えて遠投を可能にしています。

とても完成度が高いので、このシステムをどのように変えていくべきかは、なかなかイメージしにくいのですが、FTBに採用したマグネットブレーキ搭載モデルが存在しても面白いかもしれません。

近距離キャストにおけるアキュラシーやバックラッシュトラブルの抑制を考えると、マグネットブレーキという選択はありのような気がするのです。

あくまでも可能性の話ですが、シマノリールの中でマグネットブレーキを膨らませていくなら、メタニウムMGLで実践してもらいたいですね。

メタニウムMGLのレベルワインダーの位置

もうひとつ注目したいのは、スプールとレベルワインダーの位置関係です。

ボディ全体画像を見ても分かる通り、スプールからずいぶんと離れた位置にレベルワインダーが据え付けられていますよね。

離れれば離れるほど、バックラッシュトラブルが抑えられ、より一層遠投性能が伸びるように感じるのですが、もっと離した大胆なデザインが次期モデルに採用されるなら、シンプルで分かりやすい訴求力となってユーザーに届くはずです。

ユーザー評価をチェック

シマノ 16 メタニウム MGL HG SHIMANO 16 Metanium MGL

シマノ 16 メタニウム MGL HG SHIMANO 16 Metanium MGL

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

実際にメタニウムMGLを購入したユーザーは、高い評価をしているケースが多いです。

そのぶん次期モデルには、大きな期待を抱いているのは間違いないでしょう。

アンタレスでもバンタムでもない、それていてタトゥーラやジリオン・スティーズを凌駕する斬新なスペックが、2020年の新作リールとして発表される日を心待ちしたいですね。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング