砂礫 写真

砂礫(されき)エリアでバスを釣りたい!チェックすべきポイントとおすすめルアーを解説

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りがおこなわれている池や湖が、減水するケースがあります。

例えば降雨量が少なかったり、灌漑用に水が使われたりした場合に減水し、本来は水の底だったエリアが、画像のように露出してしまうのです。

よく見てみると、砂礫(されき)=砂と小石ばかりで成り立っていた底のようですね。

砂礫エリアにバスはいない?

砂礫エリアでは、硬い地質や大規模な地形変化はほぼ望めません。

なだらかに傾斜していくのみで、このエリアをパスしてバス釣りをおこなう人が多いでしょう。

しかし、本当にバスはいないのでしょうか?

次の画像を見てください。

枯れ枝の存在

砂礫エリアの水際から、視線を上方向や左右方向に移してみると、陸生植物や枯れ落ちた枝が散らばっているのが発見できます。

この枯れ枝、地表に存在するのなら、その先の水中にも存在するかもしれませんよね。

水中にも枯れ枝はある!と仮定して、あることを実践してみましょう。

木が生えている下の砂礫エリアに注目

枯れ枝を発生させるには、その上に太い幹の木が生えていなければなりません。

風に枝が流されることも想定しながら、木が生えている下の砂礫エリアを丹念にルアーでチェックしてみましょう。

スピナーベイトとチャターベイト

砂礫エリアをチェックする際のおすすめルアーは、シンキングタイプ=沈むルアーです。

例えばスピナーベイトなら、広範囲を素早くチェックすることが可能でしょう。

チャターベイトでも砂礫をトレーラーワームでなぞりながら、バスを誘えるはずです。

ラバージグだと砂礫に埋もれてしまい、手元感度が鈍くなる恐れがあります。

スピナーベイトとチャターベイトを駆使しながら水中の枯れ枝を探し出し、そこに接触を繰り返しつつバスを引き付けてみましょう。

枯れ枝にルアーを強く当て過ぎると、枝の位置が動いてしまいます。

接触のたびにロッドティップをリフトさせ、枝をゆるやかにかわすようにしましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング