バッグ 写真

タックルコンテナは2019年新発売のさまざまなシチュエーションに対応可能な収納バッグ!

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルから2019年新発売となるタックルコンテナは、さまざまなシチュエーションで使えるタックル収納バッグです。

画像のように、オカッパリフィッシングでも活用できますし、ボートデッキに持ち込めるタイプも用意されていますよ。

その特徴を詳しく見てみましょう。

タックルコンテナの基本スペック!

タックルコンテナは、釣りで用いるタックルを収納するためのバッグです。

タイプは3種類用意されていて、ショアゲームモデル・ボート&カーモデルM・ボート&カーモデルLから選べるようになっています。

全モデルにショルダーストラップが付いているので、持ち運びに困ることはありません。

カラーはブラックで統一されています。

タックルコンテナのサイズ

それぞれのサイズをチェックしてみましょう。

●ショアゲームモデル・・・D:240mm×W:340mm×H:260mm

●ボート&カーモデルM・・・D:300mm×W:500mm×H:260mm

●ボート&カーモデルL・・・D:300mm×W:500mm×H:300mm

ショアゲームモデルの内容

タックルコンテナのショアゲームモデルは、岸からのライトソルトゲームやエリアトラウト・バス釣りオカッパリにマッチするコンパクトなバッグです。

内部を見てみると、フタの裏側に小物が収納できるネットスペースがあります。

タックルトレーやタックルポーチSを4つ収納できますからとても便利。

本体の側面にはロッドホルダーが2つ標準装備されていますよ。

ボート&カーモデルの内容

ボート&カーモデルMは、バス釣りのレンタルボートへの持ち込みや鯛ラバなどのオフショアフィッシングにマッチするように作られています。

タックルポーチLを4つまで収納できますから、大型ワームケースとの組み合わせも楽しめますね。

バッグ 写真

ボート&カーモデルL

出典:ジャッカル

タックルコンテナのボート&カーモデルLは、ジギングなどのオフショアソルトウォーターゲームやバスのビッグベイトゲームに対応可能な大容量のバッグです。

内部にはタックルトレーが標準装備されていて、プライヤーやラインなどを保管することができますよ。

釣り場へ持ち込むタックルをきっちり整理して、すぐに釣りをスタートさせましょう!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング