ワーム 写真

スティーズ ホグを使ってみた!さまざまなリグに対応可能なソフト&リブボディが魅力

FISHING JAPAN 編集部

スティーズ ホグは、ダイワからリリースされているホグ系ワームです。

既存の3インチモデルに加えて、2019年に2.2インチと3.6インチモデルが追加されましたよ。

テキサスリグ以外にどんなリグとマッチングが良いのか、詳しくご紹介しましょう。

スティーズ ホグの基本スペック!

スティーズ ホグは、複数のアームやレッグパーツの付いたホグ系ワームです。

サイズは、3種類(2.2インチ・3インチ・3.6インチ)から選べますよ。

ホグ自体、甲殻類のエビやザリガニに似ていますから、釣り場に棲息するそれらの大きさに合わせて使い分けるようにしましょう。

スティーズ ホグにはテキサスリグが似合う

ホグ系ワームといえば、テキサスリグにセットして使うイメージが強いですよね。

アメリカから輸入されたときに、使用方法まで紹介されましたから、テキサスリグで使う!という認識が広まったのでしょう。

しかしながら、それだけではあまりにもったいないのです。

ボディはソフトでリブ仕上げ

スティーズ ホグは、ボディ素材にソルトが入っているものの、全体的にソフトな仕上がりになっています。

全身に刻まれたリブの影響もあって、ソフトな触感が際立っていますよ。

その点を活かしたテキサスリグ以外のおすすめセッティングをピックアップしてみましょう。

フリーリグやダウンショットリグにもマッチ

まずは、フリーリグが挙げられます。

フリーリグとは、スイベル付きのスリムシンカーをフックの前に固定せず、ラインに通すだけの仕掛けのこと。

韓国のバスシーンが発祥らしいのですが、ワームがフォールする様が艶かしいですし、シンカーのスタックも軽減されます。

実際にスティーズ ホグをセットしてみると、カバーやボトムを攻めやすい印象を持ちました。

スティーズ ホグをダウンショットリグに組んでみても、面白いかもしれません。

特に小さいサイズの2.2インチとのマッチングでは、小エビが跳ねてから沈んでいく様を再現できていました。

ソフトでリブの多いボディが、各種リグへの対応力を高めていると感じます。

是非初夏のバスフィールドで、試してみてくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング