ルアー 写真

TWO SIDEはピンポイントでもリトリーブでもバスを誘えるトップウォータープラグ!

FISHING JAPAN 編集部

TWO SIDEは、レイドジャパンからリリースされているトップウォータープラグです。

名前の通り、さまざまなシチュエーションに対して1通りだけではない攻めのアプローチを保有しているルアーに仕上げられていますよ。

その特徴や実釣デモンストレーション動画をピックアップしてみました。

TWO SIDEってどんなトップウォータープラグなの?

TWO SIDEは、さまざまな使い方・攻め方に対応できるトップウォータープラグです。

サイズは全長64.0ミリで、自重5/16オンスクラスです。

これならさほど硬いロッドでなくても操れるスペックですね。

ライトからミディアムライトのパワーを持ったロッドを用意してキャストしてみましょう。

TWO SIDEに設置された口元の突起に注目

このトップウォータープラグの頭部に注目してください。

独特のデザインになっていて、大きな凹みとその口元に突起が設置されていて、水飛沫やスピット、そしてバスが捕食しているかのようなサウンドを発生させます。

それら全てが集魚効果を高める要因となるでしょう。

オリジナルペラを標準装備

TWO SIDEの最後尾には、回転するオリジナルペラが装着されています。

これが水を受けて回転し、フラッシング効果・水飛沫を撒き上げる効果・干渉サウンドを起こすようになっています。

頭部と最後尾の2通りのアトラクターによって、バスは猛然とバイトしてくるに違いありません。

実釣動画をチェック

実釣動画を見てみると、オーバーハング前のオープンウォーターにバスを引き寄せたり、岸際をリトリーブで攻めたりしています。

ピンスポットでも誘い出しができて、リトリーブでもオリジナルペラの回転効果でバイトを獲ることができますから、かなり高い確率でバスを釣ることができることになりますね。

TWO SIDEには、全部で12種類のカラーが用意されています。

遠投しても視認性が良く見えやすいものから、ギルなどのベイトフィッシュに似たものまで揃っているので、自分の好みに合わせて使えそうです。

使用するラインは、水面に浮くナイロンやPEラインがおすすめ。

初夏から楽しくなるトップウォーターゲームを、このルアーで満喫してください。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング