草 写真

岸際から離れた沖に沈む障害物を攻略しよう!沖でバスを釣るテクニック

FISHING JAPAN 編集部

おや、岸際から離れたところに植物が生えていますよ。

水中に存在する障害物の役割を果たしますから、バスが好みそうですが・・・その姿はまだ見当たりません。

でもいつかはバスが立ち寄るはずだと想定できるポイントになります。

水没している沖の障害物

障害物の一端でも水面から露出していれば見つけるのはカンタンですが、岸際の浅いエリアから離れて沖に向かえば向かうほど、障害物の全てが水没してしまうでしょう。

そうなると水が澄んでいない限り、発見することは困難です。

魚探をくまなくかけるにしても、そういう機材を積んだボートを用意せねばならず、最適の解決法とはいえないでしょう。

沈んでいる障害物を見つけた上でバス釣り開始

釣り人から見つけにくい沖合いの障害物は、当然のことながらプレッシャーがかかりにくいですから、バスがステイする有力ポイントとして挙げられるでしょう。

それを攻略するには、やはりボートやカヤックなどで沖に出て、沈んでいる障害物を目で探すしかありません。

見つけた上でそこからじゅうぶん離れ、進入してくるバスを迎え撃つようにしたいものです。

どんなルアーを選べはいいの?

沖の見えない障害物には、バスが移動の途中で一旦停止してくるイメージを持ちましょう。

となれば、広範囲からその水没障害物にバスを引き寄せるアプローチを仕掛けることにします。

小さなサイズでアピールの弱いルアーだと、広範囲のバスを振り向かせることはできませんから、真逆の特徴を持ったルアーを使います。

回転プロップの付いたシングルスイッシャーがおすすめ

完全に水没しているものの引っ掛かる確率が高いわけですから、水面で浮いていられるトップウォータプラグを選びます。

自然な制動がかかって、スプラッシュや干渉音でバスを誘えるものといえば、リアが下がって回転プロップの付いているシングルスイッシャーがおすすめです。

大きめのサイズにすれば遠投が効きますし、首振りによって強い水押し効果も期待できますよ。

シングルスイッシャーをアピールしながら障害物の真上まで持ってくるアプローチを、丁寧に何度も繰り返してみましょう。

バイトに結び付かなかったら、別の水没障害物へと移動して同じアプローチをおこないます。

そうやってポイントのローテーションを実践しながら、バスが進入してくるタイミングをとらえるのです。

沖はオープンエリアなので、日照の少ない夕方の時間帯に試すと、良い結果につながるでしょう。

HEDDON(ヘドン) ルアー マグナムトーピードX0362NF

HEDDON(ヘドン) ルアー マグナムトーピードX0362NF

参考価格:¥1,674

Amazonへ

Yahoo!ショッピングへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング