リール 写真

バリスティックFW特集!ダイワから2019年リリースされたタフで軽量なスピニングリール

FISHING JAPAN 編集部

2019年に新発売されたダイワのバリスティックFWは、タフで軽量なスピニングリールです。

実際に触れてみると、独特のカラーリングに惹き込まれ、滑らかな巻き心地に心酔させられます。

もしかしてハイエンドモデルなの?と再確認してしまうほど出来映えに、驚いているアングラーは多いのではないでしょうか。

バリスティックFWとは

バリスティックFWの特徴をピックアップしてみましょう。

ラインナップは全部で4機種、自重設定は160~165グラムと、スピニングリールとしては驚異的です。

LT1000S-P・LT2000SS-XH・LT2500S-C・LT2500S-CXHからお好みの番手を選んでください。

ギア比は4.8から6.2まで、特にLT2500S-CXHはハンドル1巻きで87センチもラインを巻き取ることができます。

バリスティックFWのローター

このリールのローターには、エアローターが搭載されていて、巻き始めの素早さに感動します。

渓流釣りでは、小型スプーンやスピナーが着水した後すぐに巻き取りを始められるでしょう。

ただし、ラインローラー・本体にはマグシールドは設置されていません。

バリスティックFWはLTコンセプト

このリールは、LT=ライト&タフコンセプトで作られています。

軽量で剛性感がありますから、思わぬ大物が掛かっても対処できるでしょう。

バリスティックFWのドラグ

ドラグには、ATDが搭載されています。

ラインテンションがかかってからの滑り出しがスムーズで、余計なラインが出過ぎないように制動もかかるようになっていますよ。

バリスティックFWのインプレ評価はこちら

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 2500 バリスティック FW LT2500S-CXH 2019モデル

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 2500 バリスティック FW LT2500S-CXH 2019モデル

参考価格:¥22,440

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

バリスティックFWを購入したユーザーも、海で使いたいと感じておられるようですね。

実はこのリール、淡水専用に作られていて、海水の釣りには対応していないのです。

その一点のみ、今後のマイナーチェンジで改善されたら、アジングやメバリングに使用する人が増えるのではないでしょうか。

上の動画ではメンテナンスさえきっちりおこなえば、ライトソルトゲームでの使用は可能と解説していましたから、自己判断で使ってみるのもいいかもしれませんね。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング