ルアー 写真

ルアーをチューニングしてバスを釣ってみよう!浮上スピードや角度でバスを誘おう

FISHING JAPAN 編集部

何やら色々なパーツが後付けされていますね。

浮力の高いクランクベイトなどのルアーにパーツを付けて、オリジナルのチューニングを施してみましょう。

なかなかバスが釣れないときの突破口の役割を果たしてくれますよ。

チューニングを施してルアーの姿勢を変えてみよう

例えば、画像のような細長いフローティング仕様のクランクベイトなら、前方や後方にウエイトを付加するだけで、姿勢を変えることができますよ。

前傾姿勢を好むバスや、お尻下がりのルアーに興味を持つバスもいるのです。

通常のままルアーを使っていたら、気づきにくい習性といえますね。

ルアーの動きのキレをあえて抑えてみよう

腹部のアイにボリュームのあるスカートやフェザーを付けると、ルアー本来が持っているウォブリングなどのアクションのキレを、鈍くすることができます。

動きにキレがあるほうがいいんじゃないの?と感じる人もいるでしょうが、それで釣れなければお手上げでは、いつまで経ってもバスは釣れません。

釣れないときの対処法を、別の釣り場へ移動する!に任せっきりにしていませんか?

スカートを付加するメリット

スカートは、そのままにしておくと水中で垂れ下がっていきます。

ゆっくりと重力にスカートの先端が引っ張られていく様は、バスを誘う要素満載ですよ。

ルアーをステイさせて、そのピンポイントでの粘りでバスを釣り上げることができるのも、ルアーチューニングの大きなメリットでしょう。

ぎこちないルアーアクションも時には効果的

スカートやウェイトを付けたまま、ステディリトリーブをしてみましょう。

ルアー本来のアクションは影を潜め、なんだかぎこちない動きをしますよ。

でもそれがバスに効くかもしれません。

バスと対峙するときのカードを、もう一枚増やせたことになるのです。

ルアーをチューニングすることによって、そのルアーが持っている力を再認識できるかもしれませんよ。

全ての釣りは、気づきから始まります。

手をこまねいていてはその機会を失うばかりか、同じことを繰り返すだけの釣りになってしまうでしょう。

一歩踏み出すためのルアーチューニングに、ぜひトライしてみてください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング