ルアー 写真

スティーズ カバーチャターは岸際やカバーの中を攻略するための障害物回避性能の高いブレーデッドベイト!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから発売中のスティーズ カバーチャターに、2019年1/8オンスと3/16オンスタイプが追加されました。

実釣では岸際カバーの中へ、スキッピングで入れやすくなっていますよ。

デモンストレーション動画をじっくり観て、操作イメージを膨らませてみましょう。

スティーズ カバーチャターで攻略するポイント

スティーズ カバーチャターは、岸際カバーの中を攻略するのに適しているブレーデッドベイトです。

カバーの中はプロダクティブゾーンが狭いので、短い移動距離でバスを誘いバイトに持ち込まなければなりません。

それを実践しようとすれば、まず優先しなければならないのは何でしょう?

スティーズ カバーチャターにはブラシガードを標準装備

短い移動距離でバスを誘うには、カバーに引っ掛かっていては意味がありません。

そこで他のブレーデッドベイトとは一線を画す、ブラシガードが搭載されています。

ガードを押し開いてからキャスト開始!

ブラシガードといえば、ラバージグに搭載されているパーツとして知られていますが、スティーズ カバーチャターにも標準装備されていますよ。

ただし、そのまま使うとフッキング率が落ちてしまうので、画像のようにガードを押し開いてからキャストします。

こうすることで、複雑なカバーからフックポイントをガードすることになり、根掛かりを回避できるのです。

スキッピングアプローチを伴なった実釣動画をご覧ください。

極薄ブレードでバスを効率よく誘う!

ブレーデッドベイトがカバーに強ければ、他のルアーで反応して来なかったバスを誘うことができます。

ワームやクランクベイト・スピナーベイトなどを通してあきらめていたポイントを、このルアーで最終チェックすることによって、バスが獲れるかもしれませんよ。

極薄に作られたブレードパーツが、フラッシング効果でリアクションバイトを誘発してくれる可能性に期待しましょう。

スティーズ カバーチャターには、13種類ものカラーが用意されていて、あらゆるシチュエーションに対応できるようになっています。

水質やカバーの種類・水深などに合わせて、当日の当たりカラーを見つけ出してくださいね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング