ウィード 写真

ウィードが絡まったままのルアーでは釣れない!ウィードの振りほどき方を練習しよう

FISHING JAPAN 編集部

水温の上昇と日射しによって、底に生えていたウィードが伸びてきましたよ。

もうすぐ水面に顔を覗かせるところまで来ています。

この状況を発見したとき、バス釣りにどう活かせばよいのでしょう?

ウィードエリアが拡大中

さまざまな種類のウィードが、生い茂るエリアを拡大しています。

バスの姿がカンタンに見つけ出せるウィードもあれば、どこにもバスがいないウィードも。

どのウィードをバスが好むのか、しっかりチェックして覚えるようにしましょう。

ちなみにこの繊維の細かいトロロ状のアオミドロは、あまりバスが好んでいるとはいえません。

ワームやプラグを駆使してバスを誘おう

ウィードが生えているエリアでバスを見つけたら、ワームやプラグを使ってバスを誘ってみましょう。

すぐに食い付いてくるのが、3インチ前後の小型サイズのワームで、比重が高く沈みの早いもののほうが、バスの反応が良いように感じます。

フローティングプラグならウィード絡みに対処可能

ウィードにワームを乗せてから、ロッドをシェイクしてほぐして落とし込むような誘い方が、食わせには有効でしょう。

ハードプラグの場合は、シンキングモデルを使うとウィードに絡まって操りにくいので、自ら潜っては浮き上がってくるフローティングタイプのものをおすすめします。

ウィードの振りほどき方解説

フローティングタイプのプラグなら、ウィードに引っ掛かっても振りほどけるケースがあります。

ウィードが絡まっているのにリトリーブを続ければ、画像のようにウィードを引き連れてしまうのですが、リールハンドルを回すのを一旦止めてプラグをその場で浮かせてみてください。

そうすれば引っ掛かっていたウィードが、ゆっくりと解き放たれて、水面に浮かび上がるころにはプラグ単体の状態に戻っていることが多いでしょう。

ウィードにバスが集まってきますが、ルアーがウィードに絡まったままではバイトに結び付きません。

いかにうまく接触して振りほどくかにかかっていますから、釣り場でウィードを見つけたら、まずはその練習から始めてみてはいかがでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング