リール 写真

バンタムMGLを使ってみた感想!高剛性・高感度なコアソリッドボディの評価をチェック

FISHING JAPAN 編集部

シマノから発売中のベイトリール・バンタムMGLは、コアソリッドボディを採用した人気アイテムです。

コアソリッドボディとは、ボディフレームを一体成型することで、強い負荷のかかるルアー(ビッグベイト・スイムベイト等々)や釣り方に対応できる高い剛性を作り出しています。

以前は丸型鍛造リールに頼っていた部分を、ロープロファイルリールで可能にしたところに、大きな魅力を感じさせてくれますよね。

バンタムMGLに搭載されているさまざまな先進機能

バンタムMGLには、先進技術であるMGL=ニューマグナムライトスプールやマイクロモジュールギア、SVSインフィニティ・ブレーキシステムが搭載されています。

ハイエンドモデルのスペックが揃っているのに、価格が4万円を切るコスパの優秀さも人気を支えているのは間違いないでしょう。

解説動画や実釣インプレ動画をピックアップしてみました。

バンタムMGL PGの評価

剛性、ギア比、糸巻量など
巻物のパワーゲーム用にピッタリです。
ヌルヌル感がたまらず、巻きごごちは最高です。
重さもそれ程気になりません。
値段もそこそこなのがいい。

出典:amazon

バンタムMGLの中で最もローギアなのが、PGです。

ギア比5.5で、ハンドル1巻きにつき59センチのラインを巻き取れますよ。

クランキングなどの巻き物で、スローからステディリトリーブ主体のアプローチに使ってみたいですね。

バンタムMGL(ノーマルギア)の評価

剛性の強いバンタムだからこそ、ジャイアントベイトで使っています。
巻き心地もとてもよく、バラムでも安定して巻くことができます。

出典:amazon

ギア比6.2のノーマルギアタイプなら、さまざまな釣り方に対応できます。

巻き心地も滑らかで、ちょっとした変化を拾えばすぐに手元に伝わってきますよ。

最初の1台に迷ったら、このタイプを選んでみてください。

バンタムMGL HGの評価

とにかく小さい!しかもズッシリ感がたまりませんw
性能の面は申し分なく、かなり飛ぶしブレーキも凄く安定しています。
何より、剛性からくる巻き心地感が凄くいいです。
同じマイクロモジュールでも、本体の剛性でこんなにも違いが出るんですね。

出典:amazon

HGモデルは、ノーマルより少し高いギア比に設定されていて、手返しのテンポよく扱えるのが魅力です。

ハンドル1巻き76センチですから、滑らかな巻き心地を相殺せずにキャスト数を増やせますよね。

バンタムMGL XGの評価

SVSinfinity搭載で良く飛びます
アルミモノコックボディーの剛性が凄く、部品数の少なさがさらに高剛性を高めてます
D社やA社のリールと比べ物になりません
これでもう一回り大きいモデルかDCが出れば嬉しいです

出典:amazon

最もハイギアな設定のXGモデルは、ハンドル1巻きで86センチも巻き取れてしまうスペックです。

その分ハンドルの長さが45ミリに伸びていて、巻きやすい方向に対処してあります。

カバーを細かく撃っていくテキサスリグやフリーリグなどに向いていますし、手返し優先の釣り方を展開したい人ならとても扱いやすいでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング