ロッド 写真

ワールドシャウラのインプレ特集!シマノ・ルアーゲームロッドのハイエンドモデルを徹底チェック

FISHING JAPAN 編集部

シマノのハイエンドスペックモデルで、世界中のさまざまなルアーターゲットを獲るために作られたのが、ワールドシャウラです。

ベイトロッドとスピニングロッドを合わせると、計18アイテムがラインナップされており、それに装着可能なエクステンションバットは3種類用意されています。

航空機での運送を考慮した130センチの仕舞寸法は、これからのルアーゲームロッドのあり方を明示してくれているように感じますね。

ワールドシャウラといえば村田基さん!解説動画をピックアップ

ワールドシャウラといえば、シマノの重鎮・村田基さんが製作に関わったロッドとして、広く知られています。

分かりやすい解説と説得力のある口調に、つい引き込まれてしまいますね。

ユーザーインプレをチェックする前に、村田基さんのワールドシャウラ・レクチャーを見てみましょう。

ワールドシャウラ1652R-3のインプレチェック

高価で綺麗なロッドです。
TYPE Bのエクステンションバットに取り替えるとジギングにも対応できます。
ガイドの強度は少しデリケートな感じを受けます。

出典:amazon

あらゆる目的に使える1652Rは、ワールドシャウラのコンセプトそのものかもしれません。

グリップを交換すれば、バーチカルジギングロッドとしても扱えるベイトロッドに仕上がっています。

どれにしようか迷ったら、このロッドを握ってみてくださいね。

ワールドシャウラ1785RS-2のインプレチェック

いろんなハイエンドロッドを使ってきた方ほど
このロッドの凄さを手に取った瞬間に、またキャストした瞬間に、魚を掛けた瞬間に、抜き上げた瞬間に、それぞれに感動の時が訪れます。
2ピースだから1ピースより曲がりが不自然、感度が....まぁ手に取ってみれば分かります。
何故かジャンルがバスロッドという括りになっていますが正直ソルトの青物を含め国内でこのロッドで上がらない魚はいません。

出典:amazon

このベイトロッドは、モンスターサイズの魚とやり取りするときに活躍します。

ブランクがレギュラースローテーパーで粘りがあり、魚と持久戦になった場合、アングラーの負荷を軽くしてくれるでしょう。

2ピースロッドで140グラムのルアーまでキャストできるように作られています。

ワールドシャウラ ツアーエディション1652R-4のインプレチェック

大型のバラマンディやメータークラスのナマズにも全然問題無く、安心して使ってます。

出典:amazon

4本継ぎのツアーエディションモデルです。

いわゆる携帯性の高いモバイルロッドの発展型・ハイエンド仕様と考えてください。

仕舞寸法が54.0センチしかありませんから、旅行バッグに忍ばせて海外のモンスターフィッシュと対峙することができるでしょう。

ワールドシャウラ2701FF-2のインプレチェック

メーカー記載の推奨範囲を超えて、2g程度の軽量ジグヘッドから、20g程度のルアーまでしっかりキャスト可能な途轍もなく使い勝手抜群のバーサタイルロッドです。
初心者が購入する価格ではありませんが、これ一本あれば陸から釣れるターゲットはほとんど攻略できるのではなかろうかと思わせてくれる素晴らしいロッドです。安くはありませんが、安い専用ロッドを数本買うのであれば、ワールドシャウラ一本でなんでも使った方が結果的に安く、性能の良いロッドが使えるのでいいと思います。
FFですがレギュラーテーパーかと思うほどロッド全体がしなり、大物の負荷を吸収してくれているのがよくわかります。ロッドでの負荷吸収が大きい為、ドラグ性能に頼りきらない釣りが出来ます。
ラインもターゲット別の一般的な太さから一段階細くしても、ロッドの性能でカバー出来そうです。
軽量なロッドですが、ガイドも十分なサイズな為、遠投性能も抜群です。フルキャストすると予想以上にぶっ飛んでいきます。

出典:amazon

繊細なティップによる食わせ性能とフッキングパワーを兼ね備えた、ワールドシャウラのスピニングロッドです。

ライトなロックフィッシュゲームから、マダイゲームなどにも柔軟に対応できるのが強みですね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング