ワーム 写真

人気のジャッカルワーム・ファイボスを使ってみた!おすすめ実釣動画+インプレ特集

FISHING JAPAN 編集部

人気のジャッカルワーム・ファイボスを実釣で使ってみました。

3.8インチ・4.5インチとラインナップされていて、2019年には最小サイズ・3インチが登場しましたよ。

ボディも含めれば、5つのパドルで構成されているワームで、着水と同時に独特なスライドフォールを開始します。

ファイボスにおすすめのリグ

ファイボスを使いこなすには、どんなリグがおすすめでしょうか。

テキサスリグやリーダーレスダウンショットリグ、それから流行りのフリーリグなども効きそうですね。

濃いカバーにねじ込んで使うつもりなら、スリップシンカーの付いたテキサスリグからキャストしてみましょう。

実釣解説動画においても、テキサスリグが使われていますよ。

ファイボス3インチを使ってバストーナメントに出場した人の緊迫動画

ファイボスの最小サイズ・3インチを使用してバストーナメントに出場した、ユーチューバー・村上祥悟さんの動画がアップされています。

緊張感が伝わってくる中、ファイボス3インチでビッグバスを獲るシーンは圧巻の迫力!

どういうポイントで食い付いてくるのかチェックしてみましょう。

ファイボス3.8インチのインプレはこちら

テキサスリグはあまり好きじゃないのですが、このファイボスで見方が変りました。
ジャッカルのHPでファイボスが活きる4つのリグと言うのを参考にしてテキサスリグにしてキャストしてみると数匹のバスがバッと寄ってきて1頭目で釣れて驚きました。理由は分かりませんが多分後ろの2枚の羽が効いてるんでしょうね。
それからは岸沿いを移動しながらに打っては巻くで釣りをしているとガツンと喰って来て使い方が分かってきたように感じます。
私の中では今年のヒットルアーです。

出典:amazon

ファイボス3.8インチをテキサスリグにセットしてキャストしてみると、手元に地形の起伏を乗り越えてくる感触が、明確に伝わってきます。

ボディも含めた扁平パドルパーツが、地形変化や沈下しているカバーの存在をしっかりとなぞり、伝えてくれているのでしょう。

バスが食い付いた瞬間のフッキングの良さも際立っていて、ほぼバレずにゲットできますよ。

ファイボス3インチを実際に使ってみた!

実際にファイボス3インチ・グリパンチャートを使ってみました。

水深1メートル前後のシャローエリアですが、ややマッディな水質なため、底の様子を直接見ることができません。

そこでファイボス3インチに3.5グラムのスリムウエイトを付けたフリーリグでアプローチ。

底の変化を感じ取りながら、急な持ち重り感の増加やラインの変化に注意していると・・・グンッ!というアタリが!

ロッドをタテに振り上げるだけで完璧なフッキングが決まり、バスを獲ることができました。

皆さんも是非ファイボスを実釣でキャストしてくださいね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング