ワーム 写真

SVSB(スーパーバイブシンキングバグ)は2019年新発売の震えながら沈む虫に似せたワーム!

FISHING JAPAN 編集部

DSTYLEから2019年新発売されるSVSB=スーパーバイブシンキングバグは、震えながら沈んでいく虫そっくりのワームです。

虫パターンでバスを攻略するときに使いたいですね。

その特徴や水中アクション動画、製品カラーについてご紹介しましょう。

SVSBってどんなワームなの?基本スペックはこちら

SVSBは、スーパーバイブシンキングバグの略。

震えながら水中を沈んでいく虫を表現したワームで、サイズは1.8インチ=4.572センチ、自重は2.3グラムです。

スピニングタックルが、キャストからの操作をこなすのに適している感じですね。

SVSBにはコアショット製法を採用

このワームには、コアショット製法が用いられています。

ボディの中心部=コア部分が高比重な素材で出来ていて、周辺の脚+触覚部分が低比重素材になっていますよ。

これにより安定した飛距離を稼ぐことができ、フォール中には脚+触覚が微振動を発生させることができるのです。

脚+触覚部分は後付けパーツではなく一体成型

SVSBの脚+触覚部分は、後付けパーツではなく一体成型になっています。

シリコンラバーを後で差し込んでいるものと比べると、微振動がスムーズに発生するようです。

より深い生命感を溢れさせることにつながり、バスは迷いなくバイトするでしょう。

フックの刺す位置でフォールが変わる!

このワームにセットするフックを、頭から刺すと水平フォールで沈んでいきます。

後部の触角部分から刺すと、スライドフォールしてオーバーハング奥などを攻めることが可能になります。

スリットがボディ中心部に刻まれているので、フックを真っ直ぐに取り付けることができますね。

SVSBには、全部で8種類のカラーが用意されています。

ソリッドカラーのものやブラックフレークが混ぜられたものなど、定番カラーがラインナップされているので、好みのカラーを選びましょう。

2019年の5月に発売予定、水面に虫が落ちてもがくシーズンは、すぐそこに迫っていますよ!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング