リール 写真

大注目のベイトリール・SLX MGLがいよいよ発売開始!ユーザー期待の声をチェック

FISHING JAPAN 編集部

2019年フィッシングショー開催時から注目を集めていたシマノのベイトリール・SLX MGLが、いよいよ発売開始となります。

メディアの情報やカタログスペックから、ユーザーはさまざまな期待を寄せていますよ。

実際に釣り場で聞いた声をピックアップしてみましょう。

SLX MGLってどんなベイトリールなの?基本スペックはこちら

SLX MGLは、主にバス釣りをおこなうためにリリースされるベイトリールです。

とはいえ海水対応OKなので、ロックフィッシュやチヌゲームにも応用できるでしょう。

ギア比は、6.3・7.2・8.2の3種類が用意されていて、自重は190~195グラムと軽量になっています。

SLX MGLは右巻き専用機

さっそく釣り場での声を聞いてみましょう。

ユーザーはどんなふうにこのベイトリールをとらえているのでしょうか?

「なんで右巻きしかないの?左巻きが欲しい!」

そうなんです、実はSLX MGLには、右巻きハンドルの設定しかありません。

左巻きユーザーが多いわけではないでしょうが、バスプロの動画を見ても左巻きをひんぱんに見かけますから、その影響は小さくはないはず。

当然ユーザーも左巻きを期待したわけですが、残念ながら見送られたようです。

その理由はメーカーサイドにしか分かりませんが、左巻きの追加リリースをぜひ要望したいですね。

コスパが優秀過ぎる!

次によく聞くのが、SLX MGLはコスパが優秀である!ということ。

カタログ価格が税別21,000円ですから、釣具店の店頭価格は1万円台になることが予想されます。

HAGANEボディにMGLスプール、SVSインフィニティが搭載されてのこの価格は、ユーザーに響くこと間違いないでしょう。

ブラックカラーを採用

マットブラック基調のカラーも好印象を与えています。

実は黒いリールって、ロッドにセットしたときにバランスよく映える効果があります。

光沢のあるゴールドやシルバーもカッコイイのですが、手元が黒でピシッと締まって見えることを好む人が結構多いということでしょう。

SLX MGLは、2019年の5月に発売開始予定です。

12ポンドラインを100メートル巻けるスプールキャパは、さまざまな釣りに対応できる可能性を秘めています。

最新の機能を安い価格で体感したいなら、迷わずこのベイトリールを選んでみてください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング