ルアー 写真

レゼルブジュニアは2019年新発売の羽根物トップウォータープラグ!小さくてパワフル

FISHING JAPAN 編集部

DSTYLEから2019年新発売となるレゼルブジュニアは、既存モデル・レゼルブのタイニーバージョンです。

小魚に見立てた羽根パーツが、水面を攪拌して群れの存在を彷彿とさせ、バスを引き寄せる仕組みになっています。

その特徴や製品カラーについてご紹介しましょう。

レゼルブジュニアってどんなトップウォータープラグなの?

レゼルブジュニアは、ボディの両サイドに羽根パーツ=オリジナルフィッシュウィングを装着した、トップウォータープラグです。

全長は48ミリで自重はなんと2.3グラムしかありません。

スピニングタックルでキャスト&操作して、静かな着水音と攪拌による波動でバスを誘います。

ルアー 写真

既存モデルとのサイズ比較

出典:DSTYLE

レゼルブジュニアの羽根パーツは小魚の群れを表現している!

このトップウォータープラグには、羽根パーツが付いていますが、水面に落ちた昆虫を模しているわけではありません。

羽根そのものが小魚をイメージして作られているので、ボディと合わせて小魚の群れを表現しています。

バスの習性をよく研究した表れだと感心させられますね。

メルティヘアを搭載!

レゼルブジュニアの最後尾には、メルティヘアが搭載されています。

水面でユラユラと艶かしく揺れるので、生命感を溢れさせる効果が得られるでしょうし、小魚のヒレの動きにも見えますね。

既存モデルのダウンサイジングバージョンをリリースする意味

既存モデルのダウンサイジングバージョンをリリースするということは、より一層プレッシャーがかかったシチュエーションを攻略することを念頭に置いているのでしょうか。

ワームに走りがちな風潮が強い中で、あえてハードプラグの強さにこだわった逸品といえるでしょう。

実際に、ハードプラグが生み出す水押しや波動は、ニュートラルなバスにスイッチを入れることができます。

製作担当者の視線は、常に効果のあるルアー作りへと向けられているのでしょう。

レゼルブジュニアには、計8種類のカラーが用意されています。

小魚そっくりのものから、チャート系膨張色まで揃っているので、さまざまな状況で使い分けができそうですね。

2019年の5月に発売予定、バスを荒食いモードに導きたいものです。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング