バス ワーム 写真

バックスライド系高比重ワームの使い方!オーバーハングの奥以外のおすすめアプローチ方法

FISHING JAPAN 編集部

メーカー各社から高比重ワームがリリースされていますが、その中には着水後、バックスライドしながらオーバーハングの奥へ滑り込んでいくものがあります。

いわゆるバックスライド系高比重ワームの、効果的な使い方をチェックしてみましょう。

バックスライド系高比重ワームの特徴

バックスライド系高比重ワームには塩入りボディと合わせて、レッグ・アームが付いているものが存在します。

着水後そのレッグ・アームに水を受けて、真下には沈下せずに斜め前方へと滑りながらフォールしていきますよ。

この動きによって、オーバーハングの奥までワームを到達させることができるわけです。

スライドフォールする性能を活かした使い方を考えてみよう

その斜め前方へスライドフォールする性能を活かして、別の使い方を考えてみましょう。

そうすればオーバーハング攻略のときにだけ取り出すワームではなくなります。

底の地形変化を探れるのでは?

例えば、画像のようなポイントがあるとしましょう。

岸際から沖に向けて、なだらかな傾斜になっています。

当然ここに続く底も、傾斜が続いてどんどん深くなっているでしょう。

リフト&バックスライドフォール

深くなると底の様子を見ることができませんから、ここでバックスライド系高比重ワームを使ってみるのです。

このワームなら、キャストして着底させてからロッドをリフトしても、そのまま手前には戻ってきません。

リフトで底から浮き上がりますが、ロッドを止めればその時点からバックスライドを開始。

元居た近辺に着底しようとしますよ。

要するに、他のルアーでは手前に引き寄せたら寄せた分だけルアーが釣り人に近づいてしまいますが、バックスライド系ワームなら、スライドフォールしながら釣り人から離れようとします。

結果として、ワーム自体の移動距離は小さく狭くなり、あまり移動せずに小刻みに底の変化を探れるのです。

あ、ここに石が転がっているな!とか、地形に凹みがあるぞ!とか、ポイントの豊富な情報が得られます。

それらがバスの確実な居場所を、釣り人にイメージさせてくれるのは間違いないでしょう。

ラインの動き(=ラインスラックの状態)に注意しながら情報を集めて、ビッグバスにたどり着きたいものです。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング