ロッド 写真

ブラストSLJエアポータブルは2019年新発売のベーシックなスーパーライトジギングロッド!

FISHING JAPAN 編集部

2019年ダイワから新発売となるブラストSLJエアポータブルは、船釣りにおけるスーパーライトジギングを楽しむためのロッドです。

スピニングモデルが2機種用意されていますので、その特徴を詳しくチェックしてみましょう。

ブラストSLJエアポータブルとはどんなロッドなの?基本スペックはこちら

ブラストSLJエアポータブルは、ジギングを楽しむためのロッドで、ライトタックルでおこなうスーパーライトジギングに含まれるでしょう。

船釣りにおいて、マダイやイサキ・青物などを狙うのに適していますよ。

ブラストSLJエアポータブル・63MLS-Sのスペック

63MLS-Sは、2ピース仕様のセンシティブ・スーパーライトジギング用のスピニングロッドです。

イサキやホウボウ・マダイ・小型の青物などをターゲットにしていて、食い込みのよいメガトップをロッドティップに搭載、浅場攻略を目的としたMLアクションモデルです。

63MS-Sのスペック

ブラストSLJエアポータブルの63MS-Sは、2ピース仕様のオールラウンド・スーパーライトジギング用スピニングロッドです。

マダイやサワラ・中型青物などをターゲットにしていて、大型魚とのファイトが可能となるパワー感を持ち合わせています。

キャストのしやすさ・繊細さ・パワーを兼ね備えたMアクションモデルです。

仕舞寸法が100センチなので航空機に乗せて持ち運び可能

このロッドは、2機種とも長さが1.91メートルで、仕舞寸法が100センチです。

この携帯性があれば、航空機に乗るときに規定サイズに該当するので容易に持ち込めますね。

旅行先でジギングを楽しむのに適しているといえるでしょう。

ブラストSLJエアポータブルにはメガトップを搭載し、軽量のHVFカーボン素材を採用、ブレーディングXで補強しています。

思わぬ大物が掛かっても安心してやり取りができるのが嬉しいですね。

2019年の5月に発売予定、ジグなら20グラムから60グラムまでカバーできるようになっています。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング