ルアー 写真

スピンビドー70SPは2019年新発売のダウズビドー・ダウンサイジングモデル!食わせのロングビルミノー

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルから2019年新発売のスピンビドー70SPは、人気のダウズビドーのダウンサイジングモデルです。

岸際に近寄ろうとする春バスを、効率よく獲っていくための最新アイテムですから、オカッパリやボートからキャストを繰り返してみましょう。

細身で軽量なので、主にスピニングタックルで操作することをおすすめします。

スピンビドー70SPってどんなミノーなの?

スピンビドー70SPは、ロングビルタイプのリップが付いたミノーです。

全長70ミリで自重5.2グラムですから、ベイトフィネスタックルというよりスピニングタックルで、ロングキャストを絡めて広範囲からバスを獲りたいですね。

セッティングはサスペンド仕様、つまり浮き上がりもせず沈みもせずという状態を作り出してくれます。

スピンビドー70SPはロングビルタイプのリップを搭載

このミノーのリップに注目してください。

ロングビルタイプになっているので、水をしっかり受ける構造になっています。

その水押し+受け流しをアクションに変えて、ボディ全体を艶かしく動かすことになるのです。

ロッドワークがキレのあるアクションを生むのも、このロングビルリップのおかげでしょう。

2連重心移動システムを採用

スピンビドー70SPには、2連重心移動システムを搭載しています。

重心となるボールが2個封入されていて、ボディの最後尾までしっかり移動する仕組みになっていますから、飛距離を伸ばす効果が得られるでしょう。

腹部にボールが戻ったら保持されるので、高速リトリーブをしてもバランスよく泳いでくれます。

10種類のカラーラインナップ

このミノーには、全部で10種類のカラーがラインナップされています。

チャートやピンク・オレンジなどの派手な膨張色から、リアルなベイトフィッシュカラーまで用意されているので、フィールドの状況に合わせて使い分けることが可能です。

スピンビドー70SPを動画で操っているのは、ジャッカル専属の秦拓馬プロ。

彼の解説は常に的確で分かりやすく、そのルアーを使ってみたい気持ちにさせてくれますよね。

リップとウエイトバランスによって、極端な前傾姿勢を取るミノーですから、根掛かりを怖れず大胆に攻めることができるでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング