リール 写真

イグジストのインプレをチェック!ダイワイグジストを使ってみたユーザーの感想

FISHING JAPAN 編集部

2018年にリリースされた、ダイワのフラッグシップスピニングリール・イグジスト。

多くのユーザーがその高性能をすでに体感していますから、さまざまなインプレをピックアップしてみましょう。

どのような意見が出ているのか、とても興味が湧いてきますね。

イグジストFC LT2000S-Hユーザーのインプレ

ノーマルでメッキなどのプラグゲームに、35mmのショートハンドルと組み合わせてメバルの聞く釣りにと使い分けています。
軽さと剛性、回転性能、ドラグと、歴代のイグジストを使い続けて来ましたが本モデルも安定の出来です。
ただ一点、0.4号以下の細番手のPEの使用時にはスプールエッジに飛び出したまま巻いてしまわないように注意が必要です。
スプール前部の表面処理や形状に若干の難があるのかも知れません。
先代よりは良くなっていますが、先代はオプションスプールを使うことで回避できましたが、今回のSLPスプールは基本的な形状が同じため解決になりません。
この辺りは次期モデルに期待です。

出典:amazon

なるほど、こちらのユーザーは、メッキアジやメバルなどのライトソルトゲームで使用されていますね。

軽さや剛性感・回転性能・ドラグ性能には及第点を出していますが、スプールの表面処理や形状に難点を見い出しているようです。

ライトラインを使うときは、巻き取ったときのラインの収まりに注目して、次のキャストにトラブルが発生しないかどうか注意しなければなりません。

イグジストLT3000-CHユーザーのインプレ

巻きが軽く、ハイギア独特のシュルシュル音が気になりません。
18ステラも所持してますが、又違った巻き感です。
前モデルのイグジストから巻きは段違いです。
EXLT3000Sも購入し、巻きサイズは余り変化ありませんが、ノーマル(凛とした感じ)EXLTスプール(渋め?のカラーリング)
と、二つの雰囲気をたのしんでます。
マグシールドがどれ位持つかが課題ですね。
良いリールです。

出典:amazon

3000番台のスピニングリールは、主にシーバスゲームで使われるユーザーが多いようです。

ハイギアを選択して巻き取るときの独特の音が気になる人がいますが、このイグジストなら納得とのインプレです。

購入時に実機を手にして、ハンドルを回してみることをおすすめしますし、ライバルのシマノ・ステラと比較するのもいいでしょう。

イグジストLT4000-CXHユーザーのインプレ

このサイズでハイギアなのに、ライトジギングで4キロ級の鰆がヒットしてからの取り込みまでの、スムーズさ力強さはさすがDAIWAだと感心させられます、もう手放せません。

出典:amazon

イグジストの4000番台は、シーバスやショアジギングに用いるユーザーが多くなります。

鰆=サワラやハマチなどの強烈な走りに耐え、確実に取り込める力強さが求められるでしょう。

イグジストなら先進の高耐久・高剛性機能に支えられていますから、満足のいくインプレにつながっているようです。

長い時間使ってみたインプレも聞いてみたいですね。

18イグジストおすすめラインナップ

ダイワ イグジストの他機種もご紹介しましょう。

さまざまな番手をラインナップすることで、多くの対象魚を相手に釣りを楽しむことができます。

ダイワのフラッグシップモデルであるからこそ、新たな釣り方にも積極的に使ってみたくなりますね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング