ルアー 写真

コロットSRは2019年新発売のシャロークランクベイト!ロールを抑えたウォブリングアクション

FISHING JAPAN 編集部

2019年にスミスから新発売となるコロットSR、見た目はクランクベイトですが、既存のものとは大きく異なる点があります。

それは、お腹のフックがカバーやストラクチャーに引っ掛かりにくく仕上げられているということ。

いったいどういう味付けなのか、じっくりチェックしてみましょう。

コロットSRってどんなクランクベイトなの?

コロットSRは、シャローエリアを効率よく探ることのできるクランクベイトです。

全長48ミリで自重は10グラムですから、かなりコンパクトになっていますよ。

見た目が丸くなっているのは、野球のボールなどの球をイメージさせているからで、そういう丸い形状のものなら内部システムに頼らずとも、遠投・アキュラシー性能に長けているからです。

コロットSRの最後尾に注目!

このクランクベイトは、お尻がプリッと上向きに反っています。

既存のクランクベイトなら、逆に下向きになっていますよね。

そうするほうがボディをロール=正面から見て交互に回転運動しやすくなるからですが、コロットSRはそれを嫌ったのです。

ロールアクションを抑えた理由

コロットSRがあえてロールアクションを抑えたのは、お腹のフックを守ることを重視したからです。

お腹フックは、お腹の頂点に位置していますから、ボディがロールすると大きく外側に振れてしまうことになり、カバーやストラクチャーに引っ掛かりやすくなってしまいます。

それでは水深の浅いシャローエリアを効率よく探ることができませんよね。

フック同士が絡まないための横アイ仕様

このクランクベイトなら、ロールアクションを抑えたことにより、ボディとリップがお腹フックを防御し、引っ掛かりを減らせます。

フックアイも横向きですから、フック同士が絡み合うトラブルも防いでいますよ。

コロットSRには合計10種類のカラーが用意されていて、リアルなものや目立つ膨張色から選ぶことができますよ。

オールドファンが喜ぶコーチドッグカラーもラインナップされていて、幅広いバス釣り愛好家に支持されそうですね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング