ルアー 写真

モアザン クロスウェイク75F-SSRに2019年追加カラーが登場!水面から表層を攻略可能

FISHING JAPAN 編集部

ダイワからリリースされているシーバス用ミノーには、ウェイクベイトがラインナップされています。

モアザン クロスウェイク75F-SSRは、まさに水面から表層を攻略するためのウェイクベイトで、ボラやイナが起こすアクションを再現可能なシステムが搭載されていますよ。

2019年には追加カラーが3色登場する予定で、活用の幅が広がりそうですね。

モアザン クロスウェイク75F-SSRの基本スペック!

モアザン クロスウェイク75F-SSRは、シーバスを釣るためのウェイクベイトです。

全長は75ミリで自重は8グラム、水面から水面直下30センチ前後を泳ぐようにセッティングされていますし、上を向いているシーバスを攻略するには、丁度良い層をトレースできているのです。

モアザン クロスウェイク75F-SSRは水面を泳ぐボラの稚魚のアクションを再現

このウェイクベイトは、ボラの稚魚=イナ・イナッコの泳ぎを表現できるようになっています。

イナは群れを成し、水面直下を泳ぎ回ることで知られていますが、そのアクションがクネクネとボディを左右に揺らすので、ヘビが泳ぐ様に似ているのです。

これをスネークロールアクションと呼ぶことにしましょう。

このスネークロールアクションを任意に発生させることができるのが、モアザン クロスウェイク75F-SSR最大の特徴といえるでしょう。

ラトル音でシーバスを誘う!

モアザン クロスウェイク75F-SSRにはラトルが搭載されていて、甘い干渉音を響かせますから、そのラトル音の発生により、遠くにいるシーバスを効率よく引き寄せることができるでしょう。

ウェイクベイト独特の引き波効果

ウェイクベイトは、その引き波に特徴があります。

水面を左右に割るようにして水押しをおこないますから、ルアーを扇の要とした広範囲の水面を波立たせることになるわけで、シーバスはもちろん、ヒラメやチヌなども振り向いて追いかけてくる可能性が高まるでしょう。

モアザン クロスウェイク75F-SSRには、2019年追加カラーが3種類用意されています。

●キンキラキンカラー

●パールレッドヘッドカラー

●ゴールドグローイナっ子カラー

どれも水面を見上げるシーバスの興味を引き付けるものばかり、早くフィールドで試してみたいですね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング