ルアー 写真

スティーズ ペンシル60Fは2019年新発売の喫水線が低く水絡みの良い小型ペンシルベイト!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワより2019年新発売のスティーズ ペンシル60Fは、喫水線が低く設定された小型のペンシルベイトです。

浮かんだときの喫水線が低いと、どんな効能があるのか興味が湧いてきますね。

その特徴やカラーについてご紹介しましょう。

スティーズ ペンシル60Fってどんなペンシルベイトなの?基本スペックはこちら!

スティーズ ペンシル60Fは、小型のフローティングペンシルベイトです。

長さは、60ミリ。

自重は、4.2グラムです。

小型で軽量なイメージが強いセッティングですね。

スティーズ ペンシル60Fの内部には3つのウエイトボールが!

このペンシルベイトの内部を覗いてみると、球体のウエイトが3個も最後尾近くに並べられています。

これにより、ボディを水に浮かべると、やや前傾した状態で垂直に近い姿勢を保ちます。

その際の喫水線を見てください。

目の真下辺りまで来ていますから、かなり低い位置に線が走っていることが分かります。

喫水線の低さがもたらすメリットとは?

スティーズ ペンシル60Fの喫水線の低さは、ボディのほとんどが水没していることを表していますよ。

それにより、水に絡み付くアクションを出しやすくなることと、もうひとつ。

バスにルアーの全体像を届けやすくなっているといえます。

バスが興味を持つ対象に!

バスの目線は、目玉の位置から上を向いているケースが多いとされています。

その視線の先に浮かぶ対象物の、情報量が多ければ多いほど、興味を持つ確率が高くなると考えていいのではないでしょうか。

小型なのに情報量が多い!という相反する要素の共存によって、バスの興味はさらに膨らむに違いありません。

スティーズ ペンシル60Fには、計9種類のカラーが用意されています。

リアル系から反射系・膨張色系まで揃っていますから、釣り場のシチュエーションに合わせて使い分けてみましょう。

バイトがあっても強めの即フッキングは禁物、バスにルアーを持って行かせてからロッドを立てるようにして、巻きアワセをおこなってくたさいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング